Maki's Blog ほぼ隔日

!! 2013.12.12 10秒後に後継ブログに自動的にご案内します! DTIブログの終了に伴い、本ブログは来週12月17日に消滅しますので。!!

*** 後継ブログのURLは、http://maki200801.seesaa.net/ です。よろしくね!***

上野御徒町の百円ショップ

2008-11-28 Fri

根津界隈シリーズ。第39話。上野御徒町の百円ショップ2店を取り上げよう。

ところで「百均」という言葉はどこで通じる言葉なのだろう。百円商品を取り扱う商店のことを私はずっと「百円ショップ」と言ってきたが、「百均」と言う方々もいることに最近気がついた。

私の身の周りでは「百円ショップ」派がほとんどだ。何の根拠もないがたぶん「百均」派は関西方面ではなかろうか。たぶんそう思う。

ところで、先日、瞬間接着剤を「瞬着」と言うひとがいたが、これはいい省略形だと思った。瞬着なんて、いかにも速くくっつきそうだ。

話を戻す。ということで、上野御徒町中心街にある「百均」2店を紹介しよう。もともと上野御徒町は安売りの伝統がある。伝統に恥じないよう2店が頑張っている。

シルク上野店。元々シルクは関西資本のようだ。

御徒町南口改札出口にあるスーパーステーション


シルク上野店は上野広小路口を出て右、最近出来た山下口の前、元上野松竹デパートの建物の1階にある。宝くじ売り場の派手なノボリの隣だ。この店の隣も薬・雑貨の安売り店が軒を並べる。薬屋の前にはなつかしいサトちゃんが。

なつかしい”サトちゃん”だ

ふつうの百円ショップなのだ。他のお店と特に変わることはない。店は1階だけだが、奥行きもあり結構ひろい。最近、奥の方で隣のお店の領域にまで拡張し台所用品売り場を作った。お店が広い分、食品系(お菓子類、スナックもの)の品揃えが多い。

隣の店の領域まで店内を拡張している

そして御徒町の南口を利用する方でこの店をご存知ない方はいないだろう、百円ショップ、スーパーステーション。

一度聞いたら忘れられない百円ショップ

ひと目、いや、ひと耳で覚える。なぜか。お店の宣伝のナレーション、せんだみつおの声を1度聞くと耳から離れない。

「スーパーステーション、スーパーステーション、スーパーステーション、安いよ安い、スーパーステーション。なはっ!なはっ!なはっ!」と連呼する。これが耳を離れない。

お店は歩道部分に広く商品を並べている。おまわりさんに注意されないのだろうか。私有地か。

お店の宣伝が個性的だが、並んでいる商品はふつうだ。シルク上野店よりは狭い。その分、食品系の品揃えが少ない。でも駅を利用するものにとって、ちょっとしたものを買うにはとても便利だ。

最近はいろんなものが百円ショップで揃うようになった。最近買ったもの便利なものはというと、

精密ドライバーセット。ノートPCの分解には必需品だ。

精密ドライバーセット

ノギス。精密なものは高い。でも自転車の部品の寸法を図るにはこれで十分。

自転車部品を測るのに必須なノギス

ブックバンド。2つで百円。これはツーリング自転車の輪行時に使う予定だ。

ブックバンドは使いようによってはとても便利

百円ショップには大いにお世話になっている。感謝しないと。


「上野御徒町の百円ショップ」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
勝太郎&澤の屋 (2008/04/11)
東大医学部その1 (2009/07/10)
谷中二丁目 (2008/03/21)
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら