Maki's Blog ほぼ隔日

!! 2013.12.12 10秒後に後継ブログに自動的にご案内します! DTIブログの終了に伴い、本ブログは来週12月17日に消滅しますので。!!

*** 後継ブログのURLは、http://maki200801.seesaa.net/ です。よろしくね!***

12月の防寒対策

2012-12-07 Fri

12月に入って本格的に寒くなってきた。バイクは寒い。

ダートに霜が降り、そのうち雪が降る

昼間になり太陽が出れば空気が暖まり少しは楽になる。しかし早朝は気温がマイナス、山影の地域は昼間でもマイナスのまま。バイクの天敵、道路の凍結も始まる。気を付けないと。

そんな12月初旬、懲りずに防寒テストを敢行した。例によって夜明け前、秩父まで2時間をバイクで駆け抜ける。お疲れ様。結果を報告しよう。


まず足先。先に書いた通り、普通の靴下+プチプチ+厚手の靴下。万全ではないがこれで何とかなる。ちょっと辛いが。ブーツは布製バイクシューズでテストでこの結果。ブーツが防寒対応なら、なお大丈夫だろう。

次に手先。ハンドルウォーマー+冬用バイクグローブ。最初はいいのだが、この時期になると、1時間を超えるとジワジワとくる。直接風は当たらないのだが、なぜか指先に冷えがくる。薄手の手袋と2重にする手もあるが、手袋が厚くなると手先感覚が鈍くなり操作上好ましくない。

先の記事でハンドルウォーマーで対応OKと書いたが、気温がマイナスになると1時間でキツくなる。インナーグローブなるものが有効らしいが、まだ試していない。

結論。手先の防寒が最大の課題。解決策はグリップヒーターしかない。グリップヒーターの採用を最優先で検討する。

さて、肝心の手先足先以外のボディ本体だが、ユニクロのヒートテックのアンダーウェアと本ちゃんフルシーズン対応バイク専用ウェア上下で大丈夫。寒くない。たいしたもんだよ、最近のウェア技術。下はコミネのサイトより。

本ちゃんウェアのジャケット

本ちゃんウェアのパンツ

フルシーズン対応のバイク専用ウェアはコミネ製。ジャケットがJK-505、パンツがPK-901。この組み合わせで防寒は大丈夫。詳細は別途書く。とてもすぐれた機能を持つウェアで気に入っている。コミネに感謝状を書きたいくらい。

それとユニクロのヒートテック。

ユニクロのヒートテックの効果は確かにある

この機能があの値段。昔冬山をやっていたころ、性能のいいアンダーウェアを高い値段で買ったっけ。命には替えられないから。今は同機能のアンダーが千円で買える。これにも感謝。

12月に入れば秩父の山々の路面は凍結する。そこでこれからは進路を南に取る。まだまだ防寒対応のテストは続く。寒いのにお疲れさん。

「12月の防寒対策」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
オプション編その2 (2012/04/23)
バイクのメンテに取り組む (2012/12/03)
秩父の舗装林道ツーリング (2012/11/16)
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する