Maki's Blog ほぼ隔日

!! 2013.12.12 10秒後に後継ブログに自動的にご案内します! DTIブログの終了に伴い、本ブログは来週12月17日に消滅しますので。!!

*** 後継ブログのURLは、http://maki200801.seesaa.net/ です。よろしくね!***

雨のウェンズディを再び

2012-07-11 Wed

雨の季節の曲として以前にも取り上げた。大滝詠一の雨のウェンズディ。1982年発表。

まずは聴いていただこう。動画は一般的なものを選んだ。


さて、ここで私は何を訴えたいのか。

歌詞だ。松本隆の言葉選びの巧みさ味わっていただきたい。不肖私が解説しよう。


⇒壊れかけたワーゲンの ボンネットに腰かけて

冒頭のキャッチワード。これが心にささる。壊れかけたワーゲン。

カローラでも、スカイラインでも、BMWでもないぞ。ワーゲンだ。それも壊れかけたワーゲン。しとしと雨が降る中で可憐な彼女がポツンと腰かける。絵になるのはワーゲンだ。ゴルフじゃないぞ、カブト虫型、ビートルのフォルクスワーゲン。

ボンネットに腰かける。言葉は美しいけどワーゲンのボンネットだと腰掛けると滑りそうだけどね。細かいことは気にしない気にしない。

⇒何か少ししゃべりなよ 静かすぎるから

甘えと恐れの入り混じった気持ち。せつないよね。これを「何か少ししゃべらへん」と言うと漫才になる。関西はイヤやね。それ関西弁やん。ひとりツッコミ。

⇒海が見たいなって言い出したのは君のほうさ

君の方から言ったよね、だから来たのに。違うわけがあるの?不安がつのる。

⇒降る雨は菫色、Tシャツも濡れたまま

すみれ色の雨、だぞ。降る雨は菫色。普通の人には思いもつかない。
着ているのは当然Tシャツだ。かつて若者が着るのはTシャツだった。ポロシャツなんて着るのは違う連中だった。20年後にユニクロの出現で一変するが。

⇒哀しみにも慣れたね いつも隣にいるから

ちょっとつきあいが長くなったかもしれない、けどさ…

⇒君はクスっと笑い顔 とても綺麗だよ

僕の気持ちは今でもかわらないよ…

⇒さよならの風が君の心に吹き荒れても

そんなことはないと信じたいんだけど、もし君がそう思ったとしても、さ…

⇒ただぼくは知らん顔続けるさ だって今日は wow wow Wednesday

気がつかないふりをするよ、だって今日は水曜日、雨も降っているし。

どうだろう。若い男性の初々しい感性がさりげない言葉で綴られているでしょう。


⇒昔話するなんて 気の弱い証拠なのさ

つきあいはじめたころは楽しかったね、でもさ、今は…

⇒傷つけあう言葉なら 波より多い

つきあっていれば、いろいろ言い合うのは普通だよ…

⇒海が見たいなって言い出したのは君のほうさ

やっぱり不安だけど、そんなことないよね…

⇒降る雨は菫色

菫色の雨。せつないけど、やっぱり君のこと、好きなんだよ。

⇒時を止めて抱き合ったまま

よかった……


言葉は平易だけど選び抜かれていて、おしゃれだよね。詞の雰囲気とメロディーラインがとても合う。どちらかと言えば、曲の大滝の才の方が勝っている。

この詞に曲が勝るのは、大滝が凄すぎるから。わかりやすくてナチュラルな歌詞、これは非凡な松本の才。

作品としては、詞もメロディーも声も演奏も、すべてが同じコンセプトで重ねられ、心なごむ作品に仕上がっている。いつ聴いても新しい。


次回は同じ松本大滝コンビでも、もう少し気難しいものを取り上げるね。

(次回に続く)

「雨のウェンズディを再び」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
今月の歌、この1年を振り返る (2009/04/01)
6月の曲と言えば… (2008/06/02)
冬のリビエラ (2009/02/02)
コメント

この曲、久しぶりに聴いた。最初、達郎のwindy ladyのメロディが浮かんだけど、やはりいい曲はいつ聞いてもいいな。この曲の詞をこう読み解くとは、まだまだ若いわ。もう何年も、車の運転をしながらとか何かをしながらBGM的に音楽を聴くという聴き方なのでそれがいいのか悪いのか分からんけど、クリエーターに失礼だったかもね。ブログの過去のYouTubeを観たらほとんどがデッドリンクだったけど、最近の曲は知らないが、いい曲は30年、40年の時代を超えるね。音楽ネタも楽しみにしてます。

指向の現れかな

詞を読み解く、とか、犬君とか、自転車とかオートバイとか、通勤で足を踏んづける、とか、少ない時間の中で自分の興味と感性のままに、書いているわけだ。もし時間がたっぷりあればどう書くかはわからないけど、同じ路線かもしれない。つまり、書く題材は自分自身を語ることだ、なんてことを深く考えながら、あれこれ書いている。
ところで長岡の花火見たいなー。今年行こうかなと思っています。

これは、著作権法に抵触します。
ただちに削除してください。
削除しない場合は告訴します。

長岡花火はいいよ。といっても、隣町ながら今まで実際に花火会場で見たことは、多分10回もないかも。

問題は人の多さ。去年は二日間で80万人らしい。宿泊施設は長岡市だけじゃなく周辺の町も満杯になる。長岡から50キロ離れた新潟市のホテルをとるケースもかなりあるらしい。

もし、行程の中で時間があるなら、一杯ご馳走するよ。

#mkN6Uv7E様

ご指摘ありがとうございます。私は不勉強なため教えていただけると助かります。
この記事のどこが著作権に抵触するのか教えていただけますか。今後の参考にしたく存じます。

長岡花火

そうか、長岡花火も混むんだ。東京の花火がどこも無茶混みで全然面白くないので、長岡ならと思ったんだが、長岡の方が全国区で有名だから当然だよね。それよりも、相談ごとがあって、といっても金貸せとかじゃなくて、私自身の進路について相談したく思っている。こんどメールするね。花火の件もこれ関連だったわけ。

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する