Maki's Blog ほぼ隔日

!! 2013.12.12 10秒後に後継ブログに自動的にご案内します! DTIブログの終了に伴い、本ブログは来週12月17日に消滅しますので。!!

*** 後継ブログのURLは、http://maki200801.seesaa.net/ です。よろしくね!***

スーパードライの路線変更

2012-07-09 Mon

先日、ふと、文字通り、ふと気が付いたのだが、エビスビールは酔い心地がいい。今さら何当たり前のこと言ってんの、とエビスビールファンに怒られそうだが、この齢になって初めて知った。

エビスビールの酔心地がいい

今までビールはスーパードライしか飲まなかったが、路線を変更する。楽天の通販で買うと、ふつうのビールと同じ値段で買えるし。


ビールは銘柄によって少しずつ味が違う。だからモルツファンもいればキリンラガーファンもいる。味の好みは人それぞれだからね。

私はスーパードライのスッキリした飲み口が好きで、発売以来のファン。最初に飲んだときは感動した。このスッキリ系の味に慣れてからは、麦の味を強調する味の濃いタイプが好きになれなかった。特にサントリーモルツ。どうも好きになれなかった。

ところがあるときふと気が付いた。スーパードライは飲み過ぎると気分が悪くなる。

スーパードライはストレートすぎるかも

どんなビールでも飲み過ぎれば気持ち悪くなるのは当然だが、スーパードライとエビスビールを同量飲んだ場合、明らかに気持ちの悪さの質が違う。単なる飲み過ぎが原因ではない。気持ち悪さの内容が異なる。

エビスビールの場合、飲み過ぎてもごく普通に胃腸系が気持ち悪いだけなのだが、スーパードライの場合、肉体的だけでなく精神的に辛い。いわゆるダウナー現象、落ち込み感を発症する。

素人感覚だが、これはアルコールが脳みそにストレートに効くことが原因ではないかと思う。この症状は安い甲類の焼酎の場合に顕著に現れるのだが、スーパードライでも似た症状が出る。

スーパードライはスッキリ系の味に仕立てるために、コーンスターチを入れて意図的に麦味を減らしている。コーンスターチの品質と上記とは無関係だと思うのだが、味の軽さがストレートに効くということの要因のような気がするのだ。

それに対し、エビスビールの場合はじわじわとまろやかに脳みそを刺激する。飲み過ぎても落ち込み感まで覚えることはない。化学合成ではなく自然に醸造されたアルコールと麦風味という不純物が混じるがゆえに、体にやさしく働く気がする。

ちょっと考えすぎかもしれない。ネットで検索してもこうした内容の記事はない。何度か試して私には確かな感覚に思えるのだが。

ネットなどにないのは、ビールを飲み過ぎること自体があまりないからかもしれない。ふつう酒を飲む場合、ビールは最初の1〜2杯だけで、あとは他の強い酒に切り替える。いつまでもビールばかり飲むのはごく少数派だから。

ビール党の諸兄の皆さん、いかがお思いだろう。

「スーパードライの路線変更」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
禁酒を考えるその4(飲酒と年齢) (2010/11/12)
今年の禁酒ファーストトライ (2011/04/25)
禁煙 (2008/01/25)
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する