Maki's Blog ほぼ隔日

!! 2013.12.12 10秒後に後継ブログに自動的にご案内します! DTIブログの終了に伴い、本ブログは来週12月17日に消滅しますので。!!

*** 後継ブログのURLは、http://maki200801.seesaa.net/ です。よろしくね!***

2012年禁酒事始めその5

2012-02-29 Wed

意外だった。禁酒の話はウケると思ったのに…

禁酒の話を書き始めたら、トタンにブログのアクセス数が落ちた。うーむ、そういうことか。ふだん酒飲みが急に禁酒したりすると、転向者(こんな言葉、今時通じるかな)扱いされるのだろうか。

ということで、今回は閑話休題、献血の話ね。

先日、渋谷へ行ったついでに献血をしてきた。献血ルーム渋谷ハチ公前は、文字通りハチ公の目の前、いや、すぐ背後にある。

ハチ公の目の前にある

ここで献血をしてきた。実に20数年ぶり。


その20数年前の献血は、会社で先輩のお子さんが難病で、緊急輸血の必要が生じて行った。その頃は若く健康体そのものだったから、血液に何ら問題なかった。

その後20年にわたり酒を飲んできたから、例によって血液検査では肝機能でチェックされるようになり、献血なんて思いもよらなかった。が、今回の禁酒の効果を確かめることもあって献血を思いついた。

そう、血液検査がタダでできる。それと何か人のため世のために貢献している雰囲気を感じることができて、なんとなくいい気分ではないか。

若い人で混んでいた、これは意外だった

献血の詳しい話は日赤のサイトをご覧いただくとして、意外だったのは、献血に訪れる方々はほとんど若者だということだ。場所柄のせいか。そして結構混んでいた。もっとすいていると思っていたのに。

今の若い方々は偉いんだな。私が若いころは献血なんて思いもよらなかった。自主的に社会貢献する気持ちなのだろうか。感心した。

タダの血液検査は詳しい結果が2週間後に送られてくるのだが、献血の直前に簡易検査が行われ、肝機能ではGPT(ALT)がチェックされる。GPTは先の人間ドックで基準値を若干上回ったが、あれから3週間禁酒を続けているから今回は軽くクリアした。これで安心。

献血に先立ち説明その他が20分ほど、 400ccを提供するのに10分程度、休憩時間を20分ほど勧められ、計1時間弱で献血は終わる。飲み物やお菓子がタダ。ハーゲンダッツのアイスクリームもタダだ。これが美味しかったな。

血液に自信がある方は是非どうぞ。世のため人のためにもなるからね。

「2012年禁酒事始めその5」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
2012年禁酒事始めその4 (2012/02/10)
雨の日曜日に献血に行く (2013/04/24)
ロキソニンに大感謝 (2012/12/10)
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する