Maki's Blog ほぼ隔日

!! 2013.12.12 10秒後に後継ブログに自動的にご案内します! DTIブログの終了に伴い、本ブログは来週12月17日に消滅しますので。!!

*** 後継ブログのURLは、http://maki200801.seesaa.net/ です。よろしくね!***

ドアと床の擦れを直す

2011-11-16 Wed

ドアと床が擦れる。これがとっても気になっていた。

ドアと床が擦れるのは気持ちわるい

古い家なので建付けが少し狂ってきたようだ。ドアと床が擦れる音と引きずり感がどうにも気になる。さてどうやって直すか。ドアの下の部分を削るしかないか。

いい方法を思いついた。一発で直った。


こうしたユニットドアは上に持ち上げると外れる構造になっている。

こういったユニットドアの場合だからね

蝶番(ちょうつがい)に軸が差し込まれている。その蝶番の軸にワッシャーを入れる。軸のサイズにあわせて規格M8のワッシャー。1個10円。

幅と厚さの合うワッシャーなら何でもいい

ドアを外して軸にワッシャーを入れるだけ。

蝶番の軸に入れるだけ

これでドアの位置が数ミリ持ち上がる。ドアと床の間があく。擦らなくなる。考えた通り。一発で直った。いやー気持ちいいわー。

実はこれを思い付く前にドアの下の板の部分をヤスリで削ってみた。ヤスリだとなかなか削れない。直らないので困っていた。どうしたものかと前々から悩んだ末のひらめき。ドアの奥はトイレ。座ってじっーと考えてひらめいた。

ワッシャーを軸に入れればいいんだね、こういう場合。

ドアの床擦りにお悩みの方へご参考に。って、そんな方いるのかなぁ。

「ドアと床の擦れを直す」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
充電式電池を使う (2012/06/08)
電車のホーム、怖くない? (2011/11/09)
犬印のショルダーバッグを買う (2013/07/10)
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する