Maki's Blog ほぼ隔日

!! 2013.12.12 10秒後に後継ブログに自動的にご案内します! DTIブログの終了に伴い、本ブログは来週12月17日に消滅しますので。!!

*** 後継ブログのURLは、http://maki200801.seesaa.net/ です。よろしくね!***

学部ゼミ総会

2008-02-27 Wed

毎週水曜日はこだわりに関して書いていますが、イベントが発生したので予定を変更します。

先週の23日(土)、地下鉄東西線が暴風で止まる天候のなか、大学学部ゼミの同窓の集まりに参加してきました。学部ゼミの話は昨年12月14日に本ブログにも書いています。

学部ゼミはわれわれが政経学部の1期生ですが、先生のゼミは社会学部でも以前より並行して運営されていて、同窓の集まりとなると両学部の卒業生が集まります。

先生は既に大学を定年退職しているため公式なゼミ同窓会と名乗るのは厳密には違うということになり、昨年、同志有志が集まり親睦団体の形式で再組織され、今回がその第1回総会でした。約50名弱(だったと思う)が大隈会館に集まりました。

当日の大隈会館


両学部卒業生がいることで集まりに多様性が出ていることは喜ばしいことに思えます。これが純粋に政経学部の卒業生の集まりだとすれば、もっと嫌な(自分にとって)集まりになっただろうなぁ、とか感じながら参加していました。ま、仮にそうであったらの話ですけど。

われわれの入試のころ政経学部政治学科はたいへんな難関で、偏差値秀才や本当に優秀な人間やらが集まっていました。

その年に東大文一や文ニに合格した人間も1000人くらいいたわけで、どれくらい生の頭脳の良さが両校で重なるのか推測すると、たぶん、正規分布カーブの左右半分くらいが互いに重なるかんじだろうな、上位が東大、下位が早稲田、と何の根拠もなく考えましたが、あんまり意味ないですね。

われわれは卒業して四半世紀たつわけで、会社を活躍の主戦場にしている人間のなかには組織のリーダー的立場にいる者もいて、それはそれで立派なことだと思います。

一方では、会社が与えてくれるリターンに手放しでは喜んでいられないこと、自分の価値観には合わないことに我慢が必要なこと、そもそも自分の価値観そのものが正しいことであったかどうかもわからずに生きてきたこと、そんなこんなを悩み出すのもわれわれ世代くらいからで、ステレオタイプな評価はできないことに気がついているんですよね、皆さん。

いずれにせよ、自分が正しいと思える価値観に合致するよう一直線にあるいは軌道修正をしながら自分なりにドゥーマイベストするプロセスが大切なのであって、それを互いに認めて共有できる関係が人生の至宝なんだろうと思います。そんなことをつらつら思いながら立食していました。話す相手がなかなかいない手持ち無沙汰になりながら。

会はこういう場に必ず現れる仕切り屋世話焼き屋さんの滞りない進行で無事終わり、私は過去を振り返ってみたりこれからどうしようか考えたり、とりあえず明日までに買わなければならない品物を探しに二次会にも参加せず会を後にしました、同期もいなかったし。

とりあえず探し物は無事見つかりました。それにしても夜の風は冷たかったな。

次回も参加しようと思います。

追伸。あのー、今回政経1期は私ひとりの参加で寂しい思いをしました。ちゃんと出席して下さいね、1期の皆さん。今度3月に2期生の集まりがあるそうなので、それには出ましょうね、これを読んでいてくれればの話だけど。

「学部ゼミ総会」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
大学クラス会2011年10月 (2011/10/21)
楽しい楽しい (2011/03/07)
56年卒稲門会とその後のクラス会 (2009/10/26)
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら