Maki's Blog ほぼ隔日

!! 2013.12.12 10秒後に後継ブログに自動的にご案内します! DTIブログの終了に伴い、本ブログは来週12月17日に消滅しますので。!!

*** 後継ブログのURLは、http://maki200801.seesaa.net/ です。よろしくね!***

ネットを変えた(その1)

2011-08-10 Wed

引越しするにあたって悩ましい問題の1つがネットだった。根津ではプロバイダーのDTIが提供する光フレッツ・マンションタイプを使っていた。

ネットのない板橋の実家でネットを使えるようにしないといけない。プロバイダーの販売の仕組みや板橋の実家に合うネットが何なのか、よくわかっていない。だから悩ましい問題に思えた。

結論から言うと、あっさり解決した。販売の仕組みはわかったし、手続きはいとも簡単だった。新ネットはWimaxを選んだ。
新ネットはWimaxだ

事情を説明しよう。


光フレッツ・マンションタイプというのは、NTT東日本が提供している光ファイバー通信網のマンション用の商品で、これをプロバイダーが代理店として扱っていて、いろんなサービスを付加して商売している。

解約はまずプロバイダーであるDTIに連絡する。電話でOK。とともにNTT東日本にもフレッツ光の解約連絡を行い、自宅に設置されたルータやファイバー線などの撤去を依頼する。解約の手続きはこの2つでOK。

私はDTIが提供しているメールアドレスを使っているのだが、メールアドレスだけを保持する契約があるので、それに変更してアドレスはそのまま使える。これで解約関連の手続きは終了。

LANがつながる

新しいネットは何を選択するか。光フレッツはマンションタイプは月々3000円台で使えるが、戸建て版となると初期導入に工事費がかかるほか、使用量が毎月6000円くらいかかる。高い。

安くて簡単なネットを探したところ、最近売り出し中の Wimaxにたどり着いた。1年間以上使う条件で月額3880円ポッキリ。ネット網とは無線でつながるから外部との有線接続はない。これは引越し時にとても便利だった。

上野のヨドバシで申し込んだ。ヨドバシの独自サービスが付加される。ワイヤレスゲートがタダで使えるサービスがもれなく付いてきた。

ルータは各種選択でき、小型で別売りクレードルに付けることができるタイプを選んだ。このクレードルにはLAN接続ができる。デスクトップはこれで接続だ。
これを持ち歩けば、どこでもWifiとなるスグレモノ

この小さいルータを外に持ち出せば手持ちのWifi機器が外でも使える。また自宅ではクレードルに有線LANを繋げれば自宅内のLANネットワークがそのまま利用できる。

光フレッツは6月末で契約完了した。7月から Wimaxを契約し引越前の根津で利用した。無線だから引越し準備中でも配線がじゃまになることはない。このまま板橋に持っていき、何もせず即利用可能となる。

これは実に便利だ。機動性がある。

(次回に続く)

「ネットを変えた(その1)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
引っ越した!! (2011/08/08)
引越し休刊のお知らせ (2011/06/20)
ミニ書斎でPC (2011/08/15)
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する