Maki's Blog ほぼ隔日

!! 2013.12.12 10秒後に後継ブログに自動的にご案内します! DTIブログの終了に伴い、本ブログは来週12月17日に消滅しますので。!!

*** 後継ブログのURLは、http://maki200801.seesaa.net/ です。よろしくね!***

血液検査の値段

2011-05-25 Wed

血液検査の値段をお知らせしておこう。

肝機能は生化学の血液検査で測定する

行きつけの主治医がいる方や財政豊かな健康保険組合のある会社にお勤めの方には不要だろう。そちらで検査してもらえばいい。

だがそうではない場合、血液検査を個人的に行う必要もでてくる。そこで一般の医者で血液検査を行う場合、安く抑えるコツと値段の相場についてお知らせしよう。

先に言うのを忘れた。あくまで禁酒の効果を確認するための肝臓の検査目的の血液検査の値段のことね。


上記の「財政豊かな健康保険組合」という箇所に引っかかった方へ。 500人以上が在籍する会社事務所の場合、事務所内に常設の医務室を設置することが法律で義務付けられている。大きな会社にお勤めの方は、血液検査は事務所にある医務室で行うだろう。

これは丸の内の大手の会社ビル

通常、人間ドックの経過措置の場合の医療措置としての血液検査は無料だ。経過を見る間は何度でも無料で行われる。但しこれは以前ならばの話。最近は健保組合もご多聞に漏れず経費削減に汲汲として、損になることはやらない方針が徹底されている。

私の場合、人間ドックの結果γ値が基準値を超えていたので、経過措置として血液検査が無料で行われる。しかし経費削減が求めら始め、経過措置の血液検査は3ヶ月程度の「経過」を前提に認められることになった。

人間ドックは3月初めに行われ、禁酒は4月中旬から行った。私はせっかちなのだ。禁酒の効果を1週間おきに確認しγ値の減少具合を知りたい。そこで禁酒1週間目に会社の医務室で検査し、翌週の検査を予約しようとしたところ看護婦さんが申し訳なさそうに言った。
「次回は3ヶ月くらい先、8月くらいにいらして下さい。今年からそうなりました」
と言われた。これで経費削減のことを知ったのだ。

前置きがえらく長くなった。要するに、サラリーマンの場合、健保組合の費用削減のあおりで、一般の医者で血液検査をする機会が今後は増えるだろうという予想から、値段の相場をお伝えしようとするものだ、今回の記事は。

血液検査は一般の内科の開業医でやってくれる。その際、都心の高層ビルに入っているような、いかにも家賃の高そうな医者に行くと、検査証明や何とか検査など余計な施術を薦められ、とても高くつくことがあるので注意を要する。

禁酒効果を確認するのであれば、項目は生化学のみ、数値だけでOK、と医者に言えばいい。それを快く受け入れてくれる普通の町医者がお薦めだ。血液検査は医者では採血だけ行い、検査は専門業者が行うのだから、なるべく混雑しない普通の町医者がいい。

献血ならタダだ。そうだ。日本赤十字の献血の場合、血液検査は無料だ。しかし検査結果が出るまでに2週間かかる。禁酒の効果の良否で飲酒か禁酒か決める場合は間に合わないのだ。早く結果がわかる方がいい場合は、翌日結果の出る町医者がいい。

私が今回利用した医者は、会社の近く、新橋駅西口ニュー新橋ビル4階のニュー新橋クリニック。ごく普通の町医者風情だ。朝行けばすいている。

血液検査のみ。初診料が2090円で採血し翌日の結果通知が 370円。これで血液の肝機能の関連項目33指標の検査をしてもらえる。初診料がなければ1000円前後だろう。1000円で肝臓機能がデジタルに科学的にわかる。これは安い。1回飲みに行くのを我慢すれば検査ができる。

町医者の一般内科医では1000円で検査できる

酒飲みなら肝臓はケアしたい。長く酒を楽しみたいからね。


「血液検査の値段」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
ノンアルコールビールはまずい (2011/05/16)
2012年禁酒事始めその2 (2012/01/27)
禁酒を考えるその2(飲酒とγ−GTP) (2010/10/22)
コメント

初めまして。血液検査だけ頼めばその値段で可能なんですね?

さっそく電話してみます。

そうです

医者によっては、いろんな理由をつけてもっと高額を取る場合もあるようです。単に検査だけなら、こんなもんだと思います。

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する