Maki's Blog ほぼ隔日

!! 2013.12.12 10秒後に後継ブログに自動的にご案内します! DTIブログの終了に伴い、本ブログは来週12月17日に消滅しますので。!!

*** 後継ブログのURLは、http://maki200801.seesaa.net/ です。よろしくね!***

丹沢・大山に行った

2011-05-11 Wed

連休中の5月4日、丹沢の大山を登った。千メートルを超える丹沢の山々の中では、大山は入門編にあたる山だ。今年から丹沢を登ろうと思い、その「足」初めにこの山を選んだ。ケーブルカーが使えるから高尾山みたいなものだろう、そう思って妻と気軽に出かけた。

ケーブルカーで途中まで行く

ところが予想以上の急登急降でぐったり疲れた。入門編の大山でこれほど疲れるなんて。冬のあいだ低山を歩いて脚を慣らしてきたつもりなのに。


丹沢は小田急を使う。自宅のある根津から千代田線で直通だから便利で楽だ。千代田線の代々木上原駅で小田急の急行に乗れば、伊勢原や秦野までは乗換なしで着く。

今回のルートは、ケーブルカーで阿夫利神社へ行き頂上まで参道を登り、帰路は見晴台経由で戻るというごく普通のもの。連休中なのでファミリーが多い。あきらかに普段は山に登らないと見える方々も多かった。

出だしからいきなり階段状の急な登りで脚がついていかない。年配の方や子供たちにも道を譲る場面が何度もあった。かなり情けない。普段運動不足気味の妻がバテるのはわかるが、1日1万歩のウォーキングで慣れているはずの私も相当脚にきた。

参道は出だしから急登だ

やっとの思いで頂上に着く。連休だから混雑している。

頂上はこのとおりの混雑ぶり

帰路の下りもこたえた。階段状の下り道が長く続く。1段あたりの落差が大きいから脚に負担がかかる。脚に疲労感を強く感じる。大山でこれだと他の丹沢主要な山々では思いやられる。

思った以上に疲れた山歩きだったが、植林に覆われる奥多摩や奥武蔵の山々とは違い、木々のほとんどが自然林で山道は明るくブナやカエデの新緑は目に沁みた。山の印象は植生で決まる。

今は何と言っても新緑がきれいだ

いつもは帰りの電車に乗る前に缶ビールを2本買って飲むのだが、今回は禁酒中なのでコカコーラ1本で済ました。疲れた体に冷たいコカコーラは意外と美味かったが、ビールの方が断然気持ちいいことは言うまでもない。

おかげで帰りの電車でトイレを我慢しなくて済んだ。ビールだとトイレが近くなって困る。小田急線にトイレは付いてないし。

さて次回の丹沢はどうするか。ちょっと悩む。鍋割山に単独で様子見に行くか。

「丹沢・大山に行った」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
ゴローの登山靴、ブーティエル (2011/02/07)
スベア123Rその3 (2011/03/11)
低山ハイクを楽しむ(奥武蔵の山々) (2011/01/21)
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する