Maki's Blog ほぼ隔日

!! 2013.12.12 10秒後に後継ブログに自動的にご案内します! DTIブログの終了に伴い、本ブログは来週12月17日に消滅しますので。!!

*** 後継ブログのURLは、http://maki200801.seesaa.net/ です。よろしくね!***

ゴロー靴を磨く

2010-12-15 Wed

革靴を磨く。日頃の感謝を込めて。

ゴローの通勤靴を磨く

前回、ゴローの靴を紹介した。革の通勤靴も革の登山靴も手入れ方法の基本は同じ。3過程からなる。

1.汚れを落とし
2.保革油を塗り
3.表面を防水・艶出し。

先日、通勤靴を磨いた。方法を報告しよう。


1.まず汚れ落とし

靴はまず汚れ落とし。前回に塗った靴墨も落とす。そのため専用のクリーナーを使った方が簡単で効果的。クリーナーはごく普通の革靴用でいい。

まずはクリーナーで汚れ落とし

汚れを落として陰干し、乾かしておく。

登山靴の場合は泥や汚れを落とす。汚れたソールは水洗い、革部分は水ぶきすれば汚れはとれる。

2.革に油分を補給する

革靴の本革は栄養分を要する。油脂分を補給しておく。これをやらないとカサカサに乾いてしまう。

通勤革靴ならこれがお奨め。デリケートクリーム。これはモウブレィ製。まんべんなくぬり、陰干しする。

通勤用の革靴にはデリケートクリームがいい

革登山靴なら保革油としてミンクオイルがいい。これをごくたまに忘れたころに行う。登山靴に保革油を塗りすぎると革のコシがなくなる恐れがある。10回に1回くらいで十分だ。

3.表面の防水加工と磨き

革に栄養分を与えたら、革の表面を防水加工する。通勤靴なら靴墨を塗って化繊布でよく磨く。化繊の靴下がいい。化繊布で摩擦熱を起こし、ロウ成分を表面に鏡面状に付着させる。これがいわゆる靴磨きってやつだ。綺麗に輝くと同時に防水加工される。

普通の靴墨でせっせと靴磨き

革登山靴なら防水ワックスを塗って表面を磨く。キウゥイの防水ワックスが定番。

こうして磨きを重ねると、靴に愛着がわく。

暮れの大掃除の合間にでもいかがだろう。日頃の感謝を込めてせっせと靴磨き。

「ゴロー靴を磨く」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
送料無料の通販で買い物 (2013/04/17)
新生銀行の口座を解約する (2010/10/20)
ママチャリ購入 (2011/09/07)
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する