Maki's Blog ほぼ隔日

!! 2013.12.12 10秒後に後継ブログに自動的にご案内します! DTIブログの終了に伴い、本ブログは来週12月17日に消滅しますので。!!

*** 後継ブログのURLは、http://maki200801.seesaa.net/ です。よろしくね!***

趣味性と実用性の間(クランクその6)

2010-05-14 Fri

せっかく見つけた製品だが歯数が気に入らない。さてどうするか。ここで「秘策」の登場となる。

なければ作ればいいのだ。といっても自分じゃ作れるわけない。ギアをオーダーメードすればいい。特注。請負ってくれる店が日本に1つだけある。

とせっかくこのオハコを書いていたら、先の記事のコメントで真鶴住人さんが書いてしまった。こういうのをネタバレといって、この世界では禁じ手なのだ。が、まぁ私が書くの遅いからね、まいっかとするね、真鶴住人さん。

そのCT’sさん。埼玉にある。サイトはここ

特注でチェーンリングをつくる

もうオーダーは受けないと宣言してからずいぶん時間が経つが、今でもオーダーを受けてくれるかもしれない。近県の方は是非埼玉のお店に行って店主と直接話すことを薦める。実にいい方だ。


オリジナルのデザインを変えずにギアの歯数を少なくする。これは簡単そうで簡単ではない。

コンピューターの計算を要する。この計算ノウハウを店主は持っている。だから可能なのだ。CADCAMで旋盤で切り出す。この装置の維持がたいへんで店主はオーダー受入をやめようという気持ちなのだろう。

チェーンリングをオーダーする趣味人は少数だが確かに存在する。今でもオーダーを受けてくれるかは店主にご相談されたし。

私がオーダーしたのは1年以上前だ。出来上がったチェーンリングはシマノ9-10速対応の変速ピン付き。しかもアルミのバフ加工だからピッカピカの鏡面仕立て。本当にピッカピカだ。

ピッカピカのチェーンリングだ

これをアルプスのフロントに付け、リアを10速とし、ダブルレバーとチェーンを10速対応にした。これで10速が機能的にごまかしなく実現する。

アルプスに取り付けた

この製品がツーリング車に似合うかどうかは主観の問題だが、少なくともシマノの最新製品よりは雰囲気がある。歯数も理想とする44−34。フロントディレイラーも標準品を何ら加工することなく使用できる。すべてS社のスタンダードに合致しているから、変速機能も微調整もバッチリきまる。

こうして長い長い試行を経て、不可侵の存在であったアルプスのクランクを交換した。自分がいいと思う機能を実現した。

これでアルプスのクランクは当面落ち着く

アルプスからTAを外すのは大いに悩んだところだが、機能を最優先とする考え方は譲れない。でもデザインを無視してまでも機能を優先したくはない。

したがって趣味性と実用性を配分するとなれば、クランク&チェーンリングは、趣味性2:実用性3という配分かな。

話は長くなった。クランクについてはこれで終わり。おつきあいいただきありがとう。

「趣味性と実用性の間(クランクその6)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
趣味性と実用性の間(ブレーキその3) (2009/05/29)
GW中にチャリメンテその2 (2012/05/16)
通勤車のマイナーチェンジその3 (2009/12/23)
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら