Maki's Blog ほぼ隔日

!! 2013.12.12 10秒後に後継ブログに自動的にご案内します! DTIブログの終了に伴い、本ブログは来週12月17日に消滅しますので。!!

*** 後継ブログのURLは、http://maki200801.seesaa.net/ です。よろしくね!***

通勤車マイナーチェンジその1

2009-12-02 Wed

画面右の Categories「自転車で遊ぶ」のなかの「趣味性と実用性の間」シリーズは休止したわけではなく鋭意作成中なので、ツーリング車ファンの皆さん、待っててね。

今回は通勤車のちょっとした改修について書こう。

通勤車は通勤に使うために作ったのだが、諸般の都合で通勤には使用ぜず、もっぱら街乗りやチョイ乗りに使用している。ことの成り行き上「通勤車」と呼んでいるだけだ。

この「通勤車」誕生のいきさつはこちらから

ちょっとした変更をした。こういうところに持ち主の性格が現れる。こんなとこを気にしてるんだ、みたいにね。部品サプライヤーの姿勢も垣間見ることができる。だから面白い。

ということでまずはこれ。ブレーキレバーのねじの錆び。

手元のブレーキのねじの錆びは気になるもんだ

細かーってか。いいじゃん。手元は気になるんだよ。で、これをどうしたか。


ブレーキレバーはシマノの BL-R550を採用した。単機能のブレーキレバーで機能上何の問題なく使用しているが、ねじが錆びてしまった。レバーの引き幅調整のねじ。

世界のシマノさんにしてはいけませんな。こういうマイナーな部品のマイナーなねじでも、最初っから錆びない材質にしておかないと。

錆びない材質のねじはDoitなど DIY店で簡単に手に入る。ステンレス製のねじ。一応シマノQAセンターに電話で確認したら汎用品でOKとのこと。ゆるみ止めのバネも必須だそう。これもDoitで簡単に手に入る。ステンレス製のバネ。

文京区春日のDIOTで買ってきた。あわせて360円。

この組み合わせで完璧。合わせて 360円。新旧を並べたものがこれ。

錆びたネジと真新しいネジ、ステンレスね

これを取り付けた。

新しいステンレスねじを付けた

黒のブレーキレバー本体にキラキラ輝く新品のステンレス製ねじ。実に気持いいではないか。これで一生錆びない。最初っからこれで出荷してよ、世界のシマノさん。

パーツ本体は強固なメッキ処理が施されているが、ネジやバネが鉄製だと錆びる。こうしたパーツは結構ある。錆びない材質にしてくれれば済む話なのだが。大した額ではないからね。

実は自転車の部品と錆びの関係は話すと長〜い深〜い話になるが、とりあえず今回はこれでおしまい。

この他のマイナーチェンジについて、あと何回か書こう。

次回に続く。

「通勤車マイナーチェンジその1」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
趣味性と実用性の間(クランクその5) (2010/02/24)
趣味性と実用性の間(クランクその1) (2009/07/17)
趣味性と実用性の間(ドロヨケその4) (2009/03/27)
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら