Maki's Blog ほぼ隔日

!! 2013.12.12 10秒後に後継ブログに自動的にご案内します! DTIブログの終了に伴い、本ブログは来週12月17日に消滅しますので。!!

*** 後継ブログのURLは、http://maki200801.seesaa.net/ です。よろしくね!***

東京スカイツリーその3

2009-10-21 Wed

新タワーは浅草から徒歩10分くらい。吾妻橋から見ると、うんちビルや生ビールビルと並んでこんなふうに見える。これが4倍に成長した姿をご想像いただきたい。

浅草駅前の吾妻橋から見た風景

冒頭で東京の中心軸が西から東に移ると書いたが、六本木や新宿・渋谷から浅草への人気シフトを予想してのことだ。


新タワーの位置をもう一度確認しよう(公式サイトより)。

新タワーはここにある

この位置にあるタワー観光は浅草をベースに、もしくは浅草観光とセットになって行なわれるはずだ。海外の観光客は必ず新タワーを観る。その際は浅草に寄る。もちろん国内の各所から来る観光客も、タワーと浅草をセットにしたコースを選ぶと思う。

浅草のシンボル「雷門」

海外の観光客にとって浅草は魅力的に映るだろう。いかにも日本的な情景がある。他府県から来る観光客にとっても、浅草は東京の下町観光を堪能できる。

代表的な観光コース「仲見世」

そして更に、今まで六本木ヒルズやミッドタウン、新宿や渋谷に足を向けた人たちが新タワー誕生で浅草に来る。これがきっかけとなって、浅草は多くのリピーターを出現させるだろう。それくらい浅草の魅力は奥深い。

華美を避ける時代潮流も浅草には合致する。東京観光の目玉になるはずだ。

浅草の醍醐味は「場末感」

でも浅草の雰囲気を好きになれない感覚の方々も多いと思う。バブル世代は肌に合わないかもしれない。かえって今の若い世代にはウケると思う。

浅草は別途また取り上げようと、実は最近、せっせと通っている。まとまりしだい記事にするので、乞ご期待!

「東京スカイツリーその3」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
シントミゴルフその3 (2009/04/15)
中央通り (2008/10/24)
根津のたいやき (2008/06/06)
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら