Maki's Blog ほぼ隔日

!! 2013.12.12 10秒後に後継ブログに自動的にご案内します! DTIブログの終了に伴い、本ブログは来週12月17日に消滅しますので。!!

*** 後継ブログのURLは、http://maki200801.seesaa.net/ です。よろしくね!***

禁酒を考えるその3(禁酒と不眠)

2010-10-29 Fri

酒飲みにとって禁酒が困難なのは、禁酒によって何らかの不具合が生じるからだ。酒を飲まなくても何ら不具合なく、1日を平和に終えて布団に入り微塵の不安も感じずに熟睡できる方には、この記事は無用なのでスルーしてほしい。

不具合といっても、手持ち無沙汰、他にやることがない、間がもたない、などは実害がないのでまったく問題ない。実害のある不具合が生じるから禁酒が困難になる。

すばりそれは禁断症状。離脱症状ともいう。症状の重い軽いはあるにせよ、この禁断症状をいったん意識するとなかなか禁酒にふみきれない。

酒飲みには禁酒を阻む不具合がある

アルコール依存症の経験者が書くサイトやブログには、禁酒による様々な離脱症状が語られている。重症な例が多いから、自分はとりあえずここまでひどくないとわかって安心するのだが、重い軽いは五十歩百歩と評する方もいる。

五十歩と百歩の間には無限の中間領域があるものと私は思うのだが、まぁそれはいいとして、それほど酷くないにせよ、酒飲みなら多かれ少なかれ禁酒による禁断症状を体験するだろう。

最も多い症状が不眠だ。毎日飲んで寝る習慣がつくと、禁酒すると夜眠りにくくなる。しらふで寝ることに慣れていないし、不眠への不安がつのりそれが不眠の原因にもなる。ストレスをかかえるサラリーマンなら経験があるはずだ。

私もそうだ。特に若いころがそうだった。


[禁酒を考えるその3(禁酒と不眠)] 面白そうなのでこの続きを読む

「禁酒を考えるその3(禁酒と不眠)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
今度はノロウィルス (2012/12/14)
夏の反省を機に (2012/09/21)
ノンアルコールビールはまずい (2011/05/16)

アシックスのランニングシューズをはきつぶす

2010-10-27 Wed

7年近く使っていたアシックスのランニングシューズをはきつぶした。ソールが剥がれてしまった。

今回は失敗した。写真を撮るのを忘れた。ボロボロのランニングシューズを想像してほしい。

新しいシューズを買った店で新品をそのまま履いて帰り、ボロボロの方はお店で捨ててもらった。あ〜あ、ブログ用に写真を撮っておくべきだったな。

代わりに新しいスニーカーの写真を載せようか。

新しいアシックスのランニングシューズ

アシックスのランニングシューズだ。


[アシックスのランニングシューズをはきつぶす] 面白そうなのでこの続きを読む

「アシックスのランニングシューズをはきつぶす」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
雨どいの掃除 (2012/11/05)
観てないビデオ (2012/09/14)
サーモスの栓 (2013/02/20)

大戸屋・御徒町南口店

2010-10-25 Mon

根津界隈の寄り道どころ、第62話。大戸屋の話。

今年の3月から5月にかけて、妻の入院中によく通った。まず向かいの「駅前そば」でビンビール大瓶を1本を飲んでからこの店に入る。3月4月は年度末で仕事が遅くなり、ラストオーダーの22時半ぎりぎりに入ることもよくあった。

御徒町南口の大戸屋

大戸屋を悪く言う人を聞いたことがない。体に優しい家庭の味が、安くて美味しい。貧富老若男女だれでも美味しく食べられる。

上野御徒町近辺で大戸屋はここだけになった。かつては御徒町アメ横裏にもう1軒あったのだが、今はここだけだ。都内では出店を減らしているようだが、まさか無くなることはあるまい。無くなるとあまりに悲しすぎる。

私が大戸屋で一番うまいと思うのが、炭火焼鶏肉のオレンジポン酢かけ定食。これにはハマった。


[大戸屋・御徒町南口店] 面白そうなのでこの続きを読む

「大戸屋・御徒町南口店」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
白山交差点 (2008/06/13)
東京スカイツリーその3 (2009/10/21)
向陵碑 (2007/12/22)

禁酒を考えるその2(飲酒とγ−GTP)

2010-10-22 Fri

今年は飲酒と禁酒をくりかえした。先にも書いたように、春先は半日断食で、夏は猛暑で体調をくずした。原因は飲みすぎだ。医師に指摘されるまでもなく自覚している、妻に小言を言われるまでもなく。

飲むとますます飲みたくなる、酒は不思議だ

飲みすぎは肝機能にあらわれる。これは血液検査の数値でデジタルにわかる。血液検査の肝機能数値γ−GTPが飲みすぎ指標。言い訳無用。この数値をみれば飲みすぎ度が一目瞭然なのだ。

今年の数値を追ってみる。


[禁酒を考えるその2(飲酒とγ−GTP)] 面白そうなのでこの続きを読む

「禁酒を考えるその2(飲酒とγ−GTP)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
禁酒生活継続中(その4) (2013/06/07)
血液検査の値段 (2011/05/25)
ビール解禁 (2012/06/04)

新生銀行の口座を解約する

2010-10-20 Wed

今春、妻が入院したとき、妻の持つ健康保険証や銀行のキャッシュカードなどの所在がわからず、ひととき大変苦労した。緊急事態の発生に備えて、カードなどの管理はきちっとしておかないと。そう痛感した。

となれば、なるべくシンプルに、不要なものは持たない方がいい。カード類はなるべく少なくする。必要のない銀行口座は解約する。

そう思って最初に思いついたのが新生銀行の口座。新生銀行がとても便利な時代があったのに。時代は変わった。

旧長銀本店で新生銀行の本店だったビル


[新生銀行の口座を解約する] 面白そうなのでこの続きを読む

「新生銀行の口座を解約する」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
なくなった香り系整髪料 (2012/10/19)
コンビニ袋 (2013/04/03)
またまたセブンイレブンが出店 (2013/04/05)

iPod touchを使うその10

2010-10-18 Mon

PC上でCDを再生すると、歌詞を自動検索してくれるソフトについては過去に書いた。ここから

歌詞を聴きながら音楽を聴く

歌詞ほどのインパクトはないけど、アルバムアートを自動検索するツールもある。これは意外と使える。itunesの検索が万能ではなくモレが多いから、それをカバーしてくれる。


[iPod touchを使うその10] 面白そうなのでこの続きを読む

「iPod touchを使うその10」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
iPod touch を使うその7 (2010/01/25)
携帯に来る迷惑メールの撃退法(長文注意) (2012/11/02)
SDカードリーダー (2008/09/10)

禁酒を考えるその1(飲酒と禁酒)

2010-10-15 Fri

昨年の6月まで1年9ヶ月にわたり禁酒を実行した。心身ともにすっかり元気になった。別にドクターストップがかかったわけではなく、自主的に実行したまでだ。それ以来、禁酒には妙な自信がついて、いつでも出来るから安心して飲もうみたいに考えている。それで飲むわけだが、これがヤバい。

今年の夏は暑かった。ビールがうまい。ついグビグビ飲む。そんな日々が続いた。

夏はビールに決まってる

8月半ば、体がとてもだるい。夏の暑さでバテたのかと思ったが、肝臓が疲弊していると直感した。これは禁酒しなさいという神の声と認識し禁酒に踏み切ることにした。

ただ以前と同じ方法では能がない。そこで今回は以前とは違う処方を自らに課した。

平日禁酒。平日は酒を飲まない。週末だけ飲む。そういうことにした。


[禁酒を考えるその1(飲酒と禁酒)] 面白そうなのでこの続きを読む

「禁酒を考えるその1(飲酒と禁酒)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
禁酒を振り返る (2012/12/19)
禁酒6 (2008/04/16)
禁酒5 (2008/04/09)

モノビジョンのコンタクト

2010-10-13 Wed

先週、遠近両用コンタクトの話をした。期待してつけてみたら近くが見えない、残念でしたの話。この話を友人にしたら、いやいや解決法があるよと言う。通称モノ、モノビジョンで処方すればいいとのことだ。

目の構造

モノが何だかご存知ない方へ。モノビジョンとコンタクトで検索すればたくさん出てくる。こちらね

で、実際にやってみた。


[モノビジョンのコンタクト] 面白そうなのでこの続きを読む

「モノビジョンのコンタクト」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
遠近両用コンタクト (2010/10/06)
ドアと床の擦れを直す (2011/11/16)
雨がふってる日曜日 (2011/05/30)

iPod touch を使うその9

2010-10-11 Mon

今回は以前から使っているiPod touchの話。私のtouchは旧機種の第2世代。

第二世代のtouch

今年の春ごろだったか、ある日、何気なくipod touchをitunesと同期させていたら、OSが4にレベルアップされた。全然意識していなかったので軽く流し、レベルアップされたことすら忘れていた。

あるときipod touch本体側でプレイリストを作ろうとして、on-the-go ボタンを使おうとしたら、画面に出てこない。もしかして操作をミスして消したかとあせる。

だがよくよく調べてみると−アップルのQAセンタにも聞いてみた−これ、OSのレベルアップのせいなのね。プレイリストをipod touch本体側で好きな名前で自由に作成できるようになったので、on-the-go 機能が不要になったというわけ。

これで一件落着。ここまでは話のツカミ。さてここから本題。早く言えって。


[iPod touch を使うその9] 面白そうなのでこの続きを読む

「iPod touch を使うその9」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
実家の地デジ対応その2 (2011/02/23)
ノートPCのハードディスク交換その1 (2009/01/07)
地デジ電波の障害対応 (2012/10/24)

ホームカミングディと同級会

2010-10-08 Fri

先日の土曜日、母校・小石川高校のホームカミングディと同級会に参加した。

高校でホームカミングディを設けているところは少ないと思う。小石川でも昨年から始めたばかり。

毎年、現役生の文化祭の初日をホームカミングディとするのもので、現役生による多くのイベントの隅で、OB主催の催し物が行われる。15時からは隣のオフィスビルの食堂に集まりパーティが開かれる。そのあとわれわれ世代は飲み屋に同級別に集まって2次会を行う。

パーティには卒業生約 100名が参加した。昨年も同規模だったらしい。堅苦しい挨拶はなく、和気あいあいとした雰囲気の中で飲みながら食べながら歓談し、最後は校歌で〆る。

校歌で締める。歌詞覚えてないけど。

母校に集まって旧交を温める。それが主目的なのだが、われわれ世代には別の使命がある。


[ホームカミングディと同級会] 面白そうなのでこの続きを読む

「ホームカミングディと同級会」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
再び高校ホームカミングデー (2012/09/28)
2011年ホームカミングディ (2011/09/21)
新宿で飲む (2012/07/06)

遠近両用コンタクト

2010-10-06 Wed

近視だから普段はメガネを使用している。コンタクトレンズも以前よく利用した。

コンタクトを買うとき、遠くまで鮮明に見える方が便利だろうと思い、視力1.5が出るように処方してもらった。そのときはそれでよかったのだが、しだいに気になることがじわじわと生じた。

ある時、ゴルフをやっていて手元のスコアカードが読みずらいことに気が付いた。遠く離れたグリーンはよく見えるのに、手元の焦点が合わないのだ。そう。それが老眼を意識した最初だった。悲しいかな、40代後半から老眼が入った。

これは霞ヶ関です

近視で老眼が入ると、矯正で視力をよくすると近くが見えないし、近くを見やすくすると遠くが見えない。まったくもってアブハチ取らずになる。しかしメガネには遠近両用レンズがあるからこれを使えば両方見える。少々高くつくが、とても便利だ、というより仕事や生活では必需品となる。

ここ数年ゴルフをしなくなりコンタクトを使う機会もなくなった。コンタクトへの関心も薄らいだ。しかし最近また必要性を感じたので調べてみたら、なんと遠近両用の製品があるではないか。先日初めて知った。

そうか。これだよ!これは便利そうだ。そう思ってさっそく街のコンタクト店に行った。


[遠近両用コンタクト] 面白そうなのでこの続きを読む

「遠近両用コンタクト」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
サーモスの栓 (2013/02/20)
観てないビデオ (2012/09/14)
満員電車では女性は女性車両に乗って下さい (2011/05/23)

ipod nano その6

2010-10-04 Mon

以前、ipodの新製品・第6世代が出ることを知って、それまで使っていたipod nano 第4世代を下取りに出して第5世代を買ったことを書いた。新製品よりも機能で勝る第5世代が在庫切れになって入手不能になることを恐れたためだ。

新製品である第6世代は第5世代よりもスペックダウンしている。Apple は新製品で動画機能をバッサリ削った。スペックを落としてまでも、基本コンセプトの実現を優先させた。

小さい画面から操作を行う

新製品が店頭に並び実物を見るにつけ、素直に第6世代を買えばよかったのか、と思い出した。


[ipod nano その6] 面白そうなのでこの続きを読む

「ipod nano その6」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
思わぬ効果のメモリー交換その2 (2009/05/18)
古いXP機に最新液晶ディスプレイを接続するその1 (2008/07/09)
XPをサクサク動かす−その2 (2008/06/25)

EXILE/Stay

2010-10-01 Fri

これはいい。メロディーと歌詞の相性がとてもいい。ボーカルも抜群に上手い。

このグループを受け入れる上限世代はどのあたりだろう。女性は年配の方々でも受け入れているが、男性は30代前半までか。

見た目のイメージとヒット曲の歌詞の内容にギャップがある。メインターゲットを若い世代に絞っているせいだろう。

この曲はそうでもないが、他のヒットを聴くと歌詞内容が見た目のイメージよりも幼い。本人たちはかなり不本意な気分で歌っているのではとさえ思う。SMAPとは違うコンセプトをもっと前面に出すべきだったと思うが。

こういう曲が見た目イメージとぴったりなんだけど。ま、聴くひと、それぞれということで。

Stay By EXILE 2005


[EXILE/Stay] 面白そうなのでこの続きを読む

「EXILE/Stay」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
春だったね (2009/02/27)
少年時代 (2008/08/01)
吉田拓郎「花酔曲」 (2010/04/21)