Maki's Blog ほぼ隔日

!! 2013.12.12 10秒後に後継ブログに自動的にご案内します! DTIブログの終了に伴い、本ブログは来週12月17日に消滅しますので。!!

*** 後継ブログのURLは、http://maki200801.seesaa.net/ です。よろしくね!***

東京山の手物語(高輪という街)

2010-02-26 Fri

高輪を歩く。

麻布の南に白金があり、白金の東に高輪がある。山手線で言えば田町〜品川間だから、東京の中心部からは少し離れた位置にある。

地図で確認してみよう。


大きな地図で見る

明治大正の感覚で言えば郊外だ。なのに高輪という言葉には都会的なおしゃれな響きがある。どことなくリッチな雰囲気が漂う。


[東京山の手物語(高輪という街)] 面白そうなのでこの続きを読む

「東京山の手物語(高輪という街)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
東京山の手物語(白金その2) (2010/02/08)
東京山の手物語(南青山その6) (2009/10/12)
東京山の手物語(南青山その4) (2009/07/20)

趣味性と実用性の間(クランクその5)

2010-02-24 Wed

シマノは自転車パーツサプライの分野で世界中に革新をもたらした。偉業だ。応援している。しかし残念ながらツーリング車の世界でシマノは通用しない。

クランク&チェーンリングはシマノ製はツーリング車にはまったく似合わない。新モデルになるにしたがい、ますますその傾向が強くなっている。シマノの製品が似合わないのではなく、ツーリング自転車自体が現在の時流に合わないと言った方が正確か。逆にシマノは時流の先端を走っている。だから両者は相入れない。

シマノのロードの最新最高製品

デザインは好みだから好き嫌いしなければいいだけの話だが、アウターの歯数が50以上であること自体、ツーリング車には不向きだ。ツーリング車はスピードを求めない。ではMTB用の製品なら使えるかというと、これもまた全く似合わない。ツーリング車はマウンテンバイクではない。


[趣味性と実用性の間(クランクその5)] 面白そうなのでこの続きを読む

「趣味性と実用性の間(クランクその5)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
サドルを交換 (2012/12/05)
通勤車マイナーチェンジその1 (2009/12/02)
通勤車のマイナーチェンジその3 (2009/12/23)

通勤車のマイナーチェンジその5

2010-02-22 Mon

ワイヤーの末端処理。こうなってしまうと始末に悪い。

ワイヤーの末端がほつれるのはうっとしーよね

ふつうはこうする。

これが標準の対応

中にはハンダ付けをする方もおられる。しかしもっと簡単で確実で安易な方法がある。ご存知か?


[通勤車のマイナーチェンジその5] 面白そうなのでこの続きを読む

「通勤車のマイナーチェンジその5」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
趣味性と実用性の間(ブレーキその4) (2009/06/05)
号外!通勤車完成 (2009/04/10)
通勤車のマイナーチェンジその7−1 (2010/03/15)

アメ横で飲む

2010-02-19 Fri

根津界隈の寄り道どころ、第59話。アメ横で酒を飲むの巻。

どこで何を飲もうと勝手なのだが、アメ横で飲むとなれば、こういうところで飲みたいものだ。あくまで勝手なんだけどね。

こんな雰囲気。

こーゆー雰囲気で飲みたい、アメ横では

こういうところで飲む場合は、やはり昼間からに限る。あ、これももちろん勝手。


[アメ横で飲む] 面白そうなのでこの続きを読む

「アメ横で飲む」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
再開発を選んだ街・小石川1丁目 (2008/07/25)
勝太郎&澤の屋 (2008/04/11)
多慶屋で買物その2の続き (2010/02/10)

体重をはかる

2010-02-17 Wed

体重を「はかる」と書こうとして、この漢字が「測る」か「計る」か「量る」か迷う。

体重測定というくらいだから「測る」が正しい気がするし、体重計ともいうから「計る」が正しい気もする。仮名漢字変換で出てくるガイドには「測る」は長さ面積、「量る」が重さ容積に用いると書いてある。とすると「量る」が正しいということになる。

まぁどれでもいいか。この記事の目的は正しい漢字の使い方ではないので、お気になさらないように。

タニタの体重計。ちょっと型が古いね。

断食療法を実践しているのだから体重は気になる。体重に関して思うところを書こう。


[体重をはかる] 面白そうなのでこの続きを読む

「体重をはかる」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
2012年禁酒事始めその4 (2012/02/10)
今度はノロウィルス (2012/12/14)
新シリーズ始めます (2010/01/22)

多慶屋で買物その3

2010-02-15 Mon

根津界隈シリーズ、第58話。御徒町のランドマーク、多慶屋で買物の続きの続き。ちなみに多慶屋は「たけや」と読む。これを書くのを忘れていた。ごめん。

上野御徒町には割と名の通った人気自転車店が集まる。Y's LOAD、あさ蔵、OD-BOX。これらの店はいわゆる趣味人向けの自転車屋さん。

多慶屋にも自転車売場がある。上記の店と違って無骨なまでに実用一点張り。その多慶屋自転車店で安くていい品物を見つけた。

4桁ナンバーのロック

自転車の鍵。ダイヤル式の鍵。 680円。安い。しかしすぐれもの。


[多慶屋で買物その3] 面白そうなのでこの続きを読む

「多慶屋で買物その3」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
大戸屋・御徒町南口店 (2010/10/25)
再開発を選んだ街・小石川1丁目 (2008/07/25)
パティシエ イナモリ ショウゾウ (2008/05/09)

通勤車のマイナーチェンジその4

2010-02-12 Fri

ロードでもMTBでも、もちろんツーリング車でもたいていは付けない。実用を重んじる自転車のみが使用する。そんな部品がサイドスタンド。マイ通勤車は実用車だから当然付けている。

自転車を街乗りに使うなら付けた方が圧倒的に便利だ。スタンドがなくても壁に立てかけたり地面に寝かせたりすればいいのだが、街乗りでは実際問題そうはいかない。

スタンドを付けないという気持ちは、実用車ではないというこだわりからかな。気持ちはよくわかる。付ける付けないは個人の自由。

ただ、どうしてもスタンドを付けていると不便なことが1つだけある。それは輪行。自転車をたたんで袋詰にする際、サイドスタンドは厄介な存在となる。たたんだ状態でフレームからはみ出す。袋詰するとき邪魔になる。

スタンドが輪行時にジャマになるの絵

スダンドをセンター寄りにつければいいんだけど、そうするとスタンドが長くて車体が傾かない。

マイ通勤車も輪行に使いたい。でもサイドスタンドは付けたままにしたい。さてどうしたものか。人生、悩みは深い。


[通勤車のマイナーチェンジその4] 面白そうなのでこの続きを読む

「通勤車のマイナーチェンジその4」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
通勤車マイナーチェンジその1 (2009/12/02)
通勤車のマイナーチェンジその2 (2009/12/09)
趣味性と実用性の間(クランクその2) (2009/07/24)

多慶屋で買物その2の続き

2010-02-10 Wed

根津界隈シリーズ、第57話。多慶屋で買物その2の続き。紙パックワインの話。

前回紹介したのがメルシャン製おいしい赤ワイン酸化防止剤無添加。多慶屋で1180円。

同じシリーズでもう1ランクグレードの高い商品があるらしいと前回書いた。多慶屋の取り寄せを頼むこともできるのだが、取り寄せだと6本単位になり価格も他の製品のように安くできないとのこと。

近所のどこかに売ってないかと探していたら、千駄木のカクヤスで売っていた。これだ。



メルシャン製ボンルージュ健やかワイン天然ポリフェノール2倍。1280円。

え? 100円しか違わないの?


[多慶屋で買物その2の続き] 面白そうなのでこの続きを読む

「多慶屋で買物その2の続き」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
上野公園の花見の様子 (2009/04/06)
東京スカイツリーその1 (2009/10/16)
アメ横で正月食材の買物をする (2009/12/14)

東京山の手物語(白金その2)

2010-02-08 Mon

白金の2・4・6丁目を歩く。

シロガネーゼという言葉は2・4丁目のごくごく一部のイメージを他所でも使おうと不動産屋が造語したものだろう。ごくごく一部の方々には無関係で迷惑な話だと思う。

2丁目と4丁目の境界となる坂が三光坂。この坂を上ったところの両脇がその「ごくごく一部」の一帯だ。

三光坂を登ると高台の住宅街がひろがる

国道1号から続く2丁目真ん中の森は、服部邸と白金竹友クラブ。服部邸の向いが4丁目の邸宅群。その裏は聖心女子大キャンパス。このあたりが白金の「ごくごく一部」だ。

確かにこの一帯に漂う高級感はすごい。元麻布の一部に相通じるものがある。


[東京山の手物語(白金その2)] 面白そうなのでこの続きを読む

「東京山の手物語(白金その2)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
東京山の手物語(南麻布その2) (2008/12/15)
東京山の手物語(虎ノ門その2) (2008/10/27)
東京山の手物語(虎ノ門その1) (2008/10/20)

飽食を断つその2

2010-02-05 Fri

甲田療法と石原療法の本を読み半日断食を続けている。そんな断食生活−といっても朝食を抜くだけなんだけどね−に欠かせない副食物を紹介する。これらがあれば断食生活が楽で効果的になること請け合い、って私は医者じゃないから盲信しないでね。しないか。

まずは黒砂糖。これは珍しくも何でもない。普通のスーパーで売っている。上白糖や三温糖と同じ棚に置かれてると思う。黒砂糖なら何でもいいのだが、せっかくなのでブランドものを楽しみたい。

多慶屋の健康食品売り場で見つけた。奄美の加計呂麻島特産の砂糖キビで作られる黒砂糖。

奄美喜界島の黒砂糖

同じ黒砂糖でも絶海の孤島−本当にそうなのかどうか知らないが−で真面目に手造りされているとのこと。何となくミネラルがたくさんつまってそうだよね。空腹時のお茶受けにピッタリ。1袋 498円。

そのほか断食生活に役立つものを取り上げよう。


[飽食を断つその2] 面白そうなのでこの続きを読む

「飽食を断つその2」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
禁酒を考えるその3(禁酒と不眠) (2010/10/29)
禁酒3 (2008/02/22)
今年の禁酒ファーストトライ (2011/04/25)

多慶屋で買物その2

2010-02-03 Wed

根津界隈シリーズ、第56話。御徒町のランドマーク、多慶屋で買物の続き。

多慶屋の販売品目の多角化で恩恵にあずかる近所の住民は多い。数年前から生鮮食品や酒類を販売するようになった。

多慶屋が酒を扱うようになってから吉池2階の酒売り場が閑散としている。多慶屋が安いからだ。多慶屋と吉池の熾烈な戦い。共倒れにはなってほしくない。棲み分け路線を歩んでほしい。

ところで最近家でワインをよく飲む。ビールは腹が膨れるし日本酒はキツイ。ワインが手頃でいい。そのワインだが、正直言って私は味がわからない。口あたりがよければいい。ということで家で飲む赤ワインは紙パックワイン 1.8リットル。

紙パック赤ワイン。隣はイタリア産マスカルポーネ。

メルシャン製おいしい赤ワイン酸化防止剤無添加。多慶屋で1180円。


[多慶屋で買物その2] 面白そうなのでこの続きを読む

「多慶屋で買物その2」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
アメ横で正月食材の買物をする (2009/12/14)
中央通り (2008/10/24)
大戸屋・御徒町南口店 (2010/10/25)

コーヒーショップの女の子

2010-02-01 Mon

キャロルと言えば矢沢永吉のリーダーぶりが目立ち、その後の彼の活躍の踏み台になった感がある。しかしキャロルの音楽にはジョニー大倉の存在が不可欠だった。ファンなら周知のとおりだろう。

キャロルではジョニー大倉は作詞を担当し、永ちゃんとツインボーカルを張った。永ちゃんがパワフルなシャウトものを得意としたのに対し、ジョニー大倉は甘い声で歌うバラードを得意とした。このコンビネーションがキャロルの音楽を幅広いものにした。

ソフトバラードを歌うジョニー大倉の声はとても甘い。得意としたスローバラードを聴いてみよう。


[コーヒーショップの女の子] 面白そうなのでこの続きを読む

「コーヒーショップの女の子」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
Water is Wide (2008/10/31)
矢沢永吉 時間よ止まれ (2009/07/31)
真夏の果実をEXILEで聴く (2010/09/03)