Maki's Blog ほぼ隔日

!! 2013.12.12 10秒後に後継ブログに自動的にご案内します! DTIブログの終了に伴い、本ブログは来週12月17日に消滅しますので。!!

*** 後継ブログのURLは、http://maki200801.seesaa.net/ です。よろしくね!***

矢沢永吉 時間よ止まれ

2009-07-31 Fri

明日から8月。夏だ。梅雨明けしたのに、雨がちの天気。でも晴れ間の陽射しは夏そのものだ。これからが夏本番。

夏の歌と言えば、今まで本ブログでとりあげたのは、昨年は大滝詠一と陽水。先月は高中正義。だがこの時代を考えるならこれをはずせない。

矢沢永吉「時間よとまれ」。1978年。

この曲の印象は強烈だった。


[矢沢永吉 時間よ止まれ] 面白そうなのでこの続きを読む

「矢沢永吉 時間よ止まれ」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
春だったね (2009/02/27)
サンタがママにキスをした (2010/12/01)
桑田佳祐 Melody & One day (2009/09/09)

mixiは韓国がお嫌い?

2009-07-29 Wed

mixiをやられている方は多いと思う。私も妻に招待されて入会した。2年ほど前かな。1500万人以上の会員を集める日本最大のSNSだ。

ごく最近のmixiの初画面

入会したのが2年ほど前なので記憶に残っていないのだが、わりとスンナリ入会手続が終わった気がする。ところが、最近は本人審査がとても厳しい。おそらくよからぬ会員が「悪さ」をしたのだろう。一部の「悪さ」をする会員のせいで、全体の評判が下がるのを防止する、運営側からすれば当然の対策だ。

そうした事情はよくわかるのだが、先日、こんなことに出くわした。未だに納得ができないのだが、事実だ。報告しよう。


[mixiは韓国がお嫌い?] 面白そうなのでこの続きを読む

「mixiは韓国がお嫌い?」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
ロジクールのマウス (2008/12/17)
iPod touchその3 (2009/09/16)
ipod nano その5 (2010/09/27)

東京山の手物語(南青山その5)

2009-07-27 Mon

前回の公務員住宅に引続き、南青山で存在に違和感を覚えるものについて書く。前回同様、ネガティブなトーンになって申し訳ないが素直に書こう。

まずこれ。農林水産省共済組合南青山会館。前々回に紹介したオープンエリア・グラッセリアの正面に建つ。農林水産省の共済組合が経営する食事と宿泊の施設だ。

国家行政のミッションは何か。真剣に考えて欲しい。

なぜ農林省の共済組合がここ南青山で食事や宿泊の施設を経営する必要があるのか。

もう1つ。NHK青山荘。NHKが経営する食事と宿泊の施設。これも前々回に紹介したオープンエリア・T-PLACE のすぐ近くにある。

これは一体何なのか。説明責任を果たしているか。

受信料でテレビ放送を行なう組織が、なぜ南青山で食事と宿泊の施設を経営する必要あるのか。

これについて考えてみよう。


[東京山の手物語(南青山その5)] 面白そうなのでこの続きを読む

「東京山の手物語(南青山その5)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
東京山の手物語(丸の内その1) (2008/09/15)
東京山の手物語(丸の内その3) (2008/09/29)
東京山の手物語(南青山その2) (2009/07/06)

趣味性と実用性の間(クランクその2)

2009-07-24 Fri

まずクランクの長さ。ツーリング車を前提に書く。ロードレーサーのように速く走ることを主目的に造られた自転車については、ここでは語らない。

その前に超大雑把に自転車の「こぐ重さ・辛さ」について説明しよう。

クランク:長い⇒軽くなるが、動かす距離は長くなる
     短い⇒重くなるが、動かす距離は短くなる

チェーンリング:大きい⇒重くなる
        小さい⇒軽くなる

一切数式を使わずにアナログに説明するとこうなる。まぁ見た感じで大体のイメージはご理解いただけると思う。

ご存知TA。フランス製。ツーリング車の代名詞的存在。


[趣味性と実用性の間(クランクその2)] 面白そうなのでこの続きを読む

「趣味性と実用性の間(クランクその2)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
趣味性と実用性の間(ドロヨケその1) (2009/03/06)
GW中にチャリメンテその4 (2012/05/21)
趣味性と実用性の間(クランクその3) (2009/12/11)

マック秋葉原駅前店

2009-07-22 Wed

根津界隈シリーズ第50話。マックの話題。関西ではマクドかな。

最近、ブログの原稿をマックで書くことが多い。休日の午前中に書く。マックは騒々しいから気が散って効率が落ちると思うかもしれないが、これが意外、かえって少しザワザワしていた方が作業がはかどる。キーボード音も気にしないでいいし。あ、PCを使って文章を書く作業ね、この話。

マックは店によって店内設備が様々だ。無線LANのワイヤレスゲートは全店整備されているが、電源コンセントや作業スペースは店によって様々だ。

根津の近くのマックは、千駄木、本郷、上野、御徒町、秋葉原、御茶ノ水などなど、自宅からチャリで10分圏内だから、あちこち試している。

このなかでベストは、秋葉原駅前店。東口ヨドバシカメラの斜め向かい。

ヨドバシカメラの斜め前にある秋葉原駅前店


[マック秋葉原駅前店] 面白そうなのでこの続きを読む

「マック秋葉原駅前店」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
会社の帰りに安く飲む(桜木亭) (2011/06/17)
会社の帰りに安く飲む(吉池前) (2011/02/16)
真砂町市営住宅その1 (2008/09/26)

東京山の手物語(南青山その4)

2009-07-20 Mon

とてもおしゃれな街並みの南青山。ちょっと裏に入ると瀟洒なマンションが並び立つ。絶好のロケーションにありながら、意外と高級住宅地としての歴史がない。普通の住宅地なのだ。

昔から個人住宅とともに企業関連の施設が置かれた。社宅だったり厚生施設だったり。今ではファッションタウンに立て替えられたケースが多いが、いくつかは残っている。企業が自分で稼いだ金で厚生施設を建てる、とても結構なことだ。利用する社員の士気も上がる。

そのなかで、こういう物件が南青山の住宅街のど真ん中にある。

これはA棟。広さがおわかりだろう。

A棟B棟の2棟があって、これはA棟。見た目で間取りの大きさがご想像つくだろう。広い。3LDK以上で100平米以上である。

この建造物の名前は「青山家族寮」。住居はプライベートなものだから、普通は名前なんか出さなくてもいい。自分の金で建てたり借りているのであれば、プライベートなんだから名前なんか出してもらっちゃ困る、それはとても正しい。稼いだ金で建てられる民間会社の社宅も、企業名は出さなくてもいい。当然だ。

さて、ここは何なのか。何の「家族寮」なのか。家賃はいくらなのか。お教えしよう。なんでそんなことに言い及ぶのか。


[東京山の手物語(南青山その4)] 面白そうなのでこの続きを読む

「東京山の手物語(南青山その4)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
東京山の手物語(虎ノ門その2) (2008/10/27)
東京山の手物語(丸の内その3) (2008/09/29)
東京山の手物語(高輪その4) (2010/07/07)

趣味性と実用性の間(クランクその1)

2009-07-17 Fri

クランクとチェーンリングはツーリング車に限らず、自転車のもっとも根幹的な部品だ。自転車の機能的な性能と外観上の個性を決定する、もっともコアな機構だ。コアな機能だからこの部分のあり様で、自転車の機能と外観が決定される。

クランクとチェーンリングはこのパーツのことだ

先端にペダルをつけて前ギアを回転させる軸がクランク、前のギアがチェーンリングだ。

写真をご覧いただば、なるほど最も基本的でコアな部品であることは、よくご存知ない方でも容易に想像がつくだろう。ましてよくご存知の方であれば、これだけで1冊が書けてしまうくらいご意見をお持ちだろう。


[趣味性と実用性の間(クランクその1)] 面白そうなのでこの続きを読む

「趣味性と実用性の間(クランクその1)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
通勤車その後その3−2 (2009/07/03)
趣味性と実用性の間(クランクその3) (2009/12/11)
GW中にチャリメンテその1 (2012/05/14)

東大医学部その2

2009-07-15 Wed

私は民主党の小沢さんと鳩山さんが卒業した高校の出身だ。

小沢さん 鳩山兄


現在の様子

わが高校から理科3類に合格したのは、よど号事件のハイジャック犯である小西隆裕が最後だ。


[東大医学部その2] 面白そうなのでこの続きを読む

「東大医学部その2」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
根津 秋田屋 (2008/02/23)
吉池のうなぎ (2008/10/17)
会社の帰りに安く飲む(桜木亭) (2011/06/17)

東京山の手物語(南青山その3)

2009-07-13 Mon

南青山の街並みに、都内の他の繁華街では見られない構造のショッピングエリアがある。専門の建築用語がわからないので、ここではオープンエリアと言っておこう。ご存知の方がいれば教えていただきたい。

そのひとつ、表通りの246沿いにあるのが LaPlace。複数のショップが共有空間を囲むようにして並ぶ。

246沿いにあるLaPlace


[東京山の手物語(南青山その3)] 面白そうなのでこの続きを読む

「東京山の手物語(南青山その3)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
東京山の手物語(六本木その1) (2009/03/18)
東京山の手物語(六本木その5) (2009/05/25)
東京山の手物語(霞が関その1) (2008/10/06)

東大医学部その1

2009-07-10 Fri

根津界隈シリーズ第49話。大胆企画。東大医学部について書こう。

まず学生さんが乗るママチャリ。赤札堂の前にとめてあった。

医学部の学生が乗るママチャリは、他と違う、わけはない

ずいぶんショボいママチャリだ。余計なお世話だって。


[東大医学部その1] 面白そうなのでこの続きを読む

「東大医学部その1」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
多慶屋物語その1 (2008/06/20)
ソフィテル (2008/01/19)
多慶屋で買物その2 (2010/02/03)

根津赤札堂前のママチャリ

2009-07-08 Wed

根津界隈シリーズ第48話。スーパー赤札堂前にとまっているママチャリから。

根津交差点にはスーパー赤札堂がある。周辺にスーパーはここ1店しかない。近所の方々がママチャリに乗って買物に来る。東大生もよく来る。

根津の台所、スーパー赤札堂

東大本郷キャンパスは「本郷」という地番名から、文京区本郷が全国的に有名だ。しかし本郷は表門のある方で、裏は地番で言えば文京区根津と湯島。人の出入りの多い病院は湯島だ。裏門に近い根津は東大生が多く住む。スーパー赤札堂もよく利用される。


[根津赤札堂前のママチャリ] 面白そうなのでこの続きを読む

「根津赤札堂前のママチャリ」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
向陵碑 (2007/12/22)
東京スカイツリーその2 (2009/10/19)
吉池本店 (2008/02/09)

東京山の手物語(南青山その2)

2009-07-06 Mon

PRADA本店の隣にある建造物もインパクトがある。というか、こちらの建屋も含めてデザインの構想が練られたようだ。

手前が南青山カルティエ店。その奥はテナントビル、あわせて通称南青山スクウェア。こういうビルは南青山以外ではまず見られない。

南青山スクエア。カルティエ、南青山店がメイン。

奥は4階建てのテナントビル

こちらは商品に値札が付いている。お買い物はご安心して下さい。


[東京山の手物語(南青山その2)] 面白そうなのでこの続きを読む

「東京山の手物語(南青山その2)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
東京山の手物語(麻布永坂町) (2008/11/17)
東京山の手物語(北青山その2) (2009/11/16)
東京山の手物語(霞が関その2) (2008/10/13)

通勤車その後その3−2

2009-07-03 Fri

前回からの続き。防犯システムの「車体番号無し」の話。

不思議なことに「車体番号無し」という登録は認められている。個体識別ができない状態で持ち主だけ登録するという形態だ。たとえてみれば、子供を名無しで両親が出生届けを出すようなものだ。

出生届けの場合、第3者の証言が必要となるが、自転車の場合は販売店がその任に当たる。つまり販売店は車体番号無しの自転車を組み立て販売すれば、その瞬間は盗難車でないことが明白なので「車体番号無し」で登録することができる。この場合、製造直売だから間違いない。

刻印が無いというのはこういうフレーム

では、車体番号が無いフレームを入手し、素人が自転車を組み立てた場合はどうなるか。その場合、そのフレームが盗難品ではないことを証明する手立てが存在しない。

車体番号が無いフレームを単体で売る場合、販売店は完成車でないから売る時点で防犯登録はしないし、ネット販売などで手渡しで授受が行なわれる場合には、授受に関する証明は通常は用意されない。


[通勤車その後その3−2] 面白そうなのでこの続きを読む

「通勤車その後その3−2」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
趣味性と実用性の間(ドロヨケその2) (2009/03/13)
通勤車のマイナーチェンジその5 (2010/02/22)
GW中にチャリメンテその4 (2012/05/21)

高中正義 Blue Lagoon

2009-07-01 Wed

7月になった。晴れた日は陽射しが眩しい。梅雨明けはもうすぐだ。

われわれ世代にとって高中正義は衝撃的だった。この演奏を生で聴けば、誰だってギターを、それもリードギターをやりたくなる。それくらい超カッコよかった。憧れた。

高中正義
。その後に続くいろんな才能たちの先駆けになったギタリスト。いろんな楽曲のリードギターも担当している。

その彼がソロで出したご機嫌なサウンド。79年、Blue Lagoon。


[高中正義 Blue Lagoon] 面白そうなのでこの続きを読む

「高中正義 Blue Lagoon」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
今月の歌、この1年を振り返る (2009/04/01)
吉田拓郎「花酔曲」 (2010/04/21)
コーヒーショップの女の子 (2010/02/01)