Maki's Blog ほぼ隔日

!! 2013.12.12 10秒後に後継ブログに自動的にご案内します! DTIブログの終了に伴い、本ブログは来週12月17日に消滅しますので。!!

*** 後継ブログのURLは、http://maki200801.seesaa.net/ です。よろしくね!***

2009年GW休刊のお知らせ

2009-04-27 Mon

若葉が美しい。爽やかだ。根津神社のつつじももうすぐ満開だ。

若葉が爽やかだ。実に気持ちいい。

昨日4月26日の根津神社のつつじ

さて、まもなくゴールデンウィークを迎えますが、恒例により本日から約2週間お休みをいただきます。次回の更新は5月11日(月)を予定しています。現在連載途中の記事は休み明けに再開します。

2週間ほど休刊と致しますが、今後とも引続きご愛顧のほどお願い申し上げます。忘れないでね。

昨年もGW、夏休み、正月休みと、本ブログは欧州並みにバカンスを取り入れた。会社は暦通りに行くんだけどね。別に長期旅行に行くわけでも何でもなく、ま、記事ネタの「充電」と「ふりかえり」ですね。

それと何と言っても気分転換!リフレッシュ!!これだ。

新緑まぶしく1年で最も清々しい季節。皆様におかれましても、大いにリフレッシュされることを願ってやみません。

2週間ばかりお休みをいただきますが、引続き本ブログをご愛顧いただきたく、よろしくお願い申し上げます。

                      2009年 4月27日 まき@根津

「2009年GW休刊のお知らせ」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
ごめん、もうちょい待って (2010/04/12)
ブログ再開のお知らせ (2010/08/30)
ブログ再開します (2010/04/19)

根津の街並み散策その2

2009-04-24 Fri

根津界隈シリーズ、第47話。前回に続き、根津の街並みを案内しよう。

今の季節、根津の路地は花であふれる。

花であふれる根津の路地

家々は古くて小さくても住人の愛着がよくわかる。路地や家々がとても清潔に保たれている。

根津の路地は清潔なことに気が付くと思う


[根津の街並み散策その2] 面白そうなのでこの続きを読む

「根津の街並み散策その2」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
ジェクサー上野 (2007/12/29)
松坂屋ファミリーレストラン (2008/05/16)
再開発を選んだ街・小石川1丁目 (2008/07/25)

根津の街並み散策その1

2009-04-22 Wed

根津界隈シリーズ、第46話。根津神社のつつじがまもなく満開を迎える。根津界隈が一番花やぐ季節だ。

たまには都内の散策はいかがだろう。高速道路が1000円になったからといって、車で高速に乗って出かければ渋滞に巻き込まれるだけだ。東京にお住まいなら近場を歩いてみよう。結構楽しい。どってことないんだけど、そのどってことなさがいいんだな。

そこで根津。アド街でも特集された。地元根津を2回にわたって案内しよう。谷中や千駄木とあわせて歩くと1日散歩にちょうどいい。散策にはこれからが一番いい季節だ。

まずは根津神社。根津に来たら何はともあれここに寄ろう。

なにはともあれ根津神社には寄ってみよう


[根津の街並み散策その1] 面白そうなのでこの続きを読む

「根津の街並み散策その1」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
六龍鉱泉&鴎外の湯 (2008/04/18)
根津交差点 (2008/01/05)
根津 秋田屋 (2008/02/23)

東京山の手物語(六本木その4)

2009-04-20 Mon

今や新名所になった六本木の新国立美術館。大勢の美術ファンが訪れる六本木の新名所になった。六本木というと飲み屋しか思いつかない方々には馴染みは薄いかもしれないが、今やミッドタウンにできたサントリー美術館とともに、連日芸術ファンで賑わっている。

その新国立美術館の隣、同じ敷地内に建つこの建物、建築の美術品かと思わせるような斬新な建造物、これが政策研究大学院大学だ。地味な名前だが当時の文部省の肝入りで設立された国立の大学院専門大学だ。気合を入れて設立されたせいか、六本木7丁目という場所もいいし、校舎のデザインもなかなか斬新で目立つ。インパクトのある建物だ。

インパクトがある斬新なデザインだ


[東京山の手物語(六本木その4)] 面白そうなのでこの続きを読む

「東京山の手物語(六本木その4)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
東京山の手物語(東麻布その1) (2009/02/23)
東京山の手物語(霞が関その1) (2008/10/06)
東京山の手物語(元麻布その1) (2009/01/12)

趣味性と実用性の間(ブレーキその1)

2009-04-17 Fri

自転車の組立がPCの組立と決定的に違う点、それは命を載せて走るものを組み立てるということだ。組立ミスがあってもPCは動かないだけだが、自転車で組立ミスが原因で転ぶと痛い。痛いで済めばいいが場合によっては命に関わる。自分だけでなく巻き込んだ他人も。

自転車は命を乗せる。命に関わるという意味で一番重要な部品がブレーキだ。

自転車は命を乗せている


[趣味性と実用性の間(ブレーキその1)] 面白そうなのでこの続きを読む

「趣味性と実用性の間(ブレーキその1)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
趣味性と実用性の間(ブレーキその2) (2009/05/22)
趣味性と実用性の間(クランクその4) (2009/12/18)
GW中にチャリメンテその2 (2012/05/16)

シントミゴルフその3

2009-04-15 Wed

根津界隈シリーズ、第45話。

シントミゴルフが廃業した。今年の1月15日のことだった。残念だ。あれだけ応援していたのに(前回記事その1その2)。

つい昨年末はこうだったのに

今年1月に廃業した

店が潰れるのは寂しいものだ。やはり店舗拡大が命取りになったらしい。


[シントミゴルフその3] 面白そうなのでこの続きを読む

「シントミゴルフその3」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
根津赤札堂前のママチャリ (2009/07/08)
中央通り (2008/10/24)
根津にないコンビニ (2011/06/10)

東京山の手物語(六本木その3)

2009-04-13 Mon

六本木5丁目計画の対象地域を見てみよう。この計画の真相は企業機密のベールに包まれている。不動産がらみの話はいつもキナ臭い。特に六本木という超一等地の再開発だけに、様々な思惑や利権が絡み合う。なので下記の計画についてはあくまで私の推測であり、その点をお含みおきいただきたい。

六本木5丁目計画のエリア。その広さを六本木ヒルズと比べてほしい。

表通りのロアビルから南側の国際文化会館までが再開発の対象だ。かなり広大な面積で、六本木ヒルズで言えば六本木タワーからテレビ朝日社屋を越えツタヤビルくらいまでの大きさに相当する。しかも六本木ヒルズが傾斜地であるのに対し、こちらは高台状の平地だ。

ここに何が建つのだろう。どうなってしまうのか。


[東京山の手物語(六本木その3)] 面白そうなのでこの続きを読む

「東京山の手物語(六本木その3)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
東京山の手物語(南麻布その1) (2008/12/08)
東京山の手物語(丸の内その1) (2008/09/15)
東京山の手物語(丸の内その3) (2008/09/29)

号外!通勤車完成

2009-04-10 Fri

突然の話題で失礼。ツーリング車を中心に自転車の趣味性と実用性の関係を語っている際中だが、製作中の通勤車が完成したので報告しよう。

実はこれ、計画したのは昨年の11月で、それから週末に少しずつ時間をとってコツコツと組み立て調整してきた。10数年前に乗っていた埃だらけのロード車をリストアし、シティサイクル風にして普段の通勤や買物に使おうというものだ。

組み上がって実際に通勤経路を走行してみてあれこれ手直しして、こんなもんだろ、と完成とした。これだ。

10年前のロード車を改造した通勤車

見た目のバランスは何か変だが、気にしない気にしない。軽くてお手軽だから通勤や買い物には快適だ。意外といいよ。


[号外!通勤車完成] 面白そうなのでこの続きを読む

「号外!通勤車完成」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
趣味性と実用性の間(ブレーキその3) (2009/05/29)
趣味性と実用性の間(クランクその4) (2009/12/18)
通勤車その後その2 (2009/06/19)

上野中央通り地下歩道

2009-04-08 Wed

根津界隈、第44話。桜の季節を迎えた。それに合わせるかのように、今年の3月16日、桜の名所上野公園に新しい施設ができた。

上野広小路の地下利用施設はずいぶん昔から延々と工事中だった。ついに完成した。本当に長かった。あれだけ待たされたのだから、ワクワクしながら中に入ってみた。そこに何ができたのか。

ついに完成した地下歩道。工事はとても長かった。


[上野中央通り地下歩道] 面白そうなのでこの続きを読む

「上野中央通り地下歩道」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
上野公園へ近道 (2008/11/21)
会社の帰りに安く飲む(桜木亭) (2011/06/17)
花の季節 (2008/03/07)

上野公園の花見の様子

2009-04-06 Mon

根津界隈の第43話。やはりこの時期は花見でしょう。根津界隈で花見となれば上野公園だ。4日土曜日の朝と夕方の様子を報告しよう。

この日は昼間に出かける用があって、行きと帰りに上野公園に寄ってみた。朝の8時。天気は快晴。絶好の花見日和。

前夜からと思われる場所取りの皆さん。お疲れさまです。

いい席を確保するには前日から場所取りが当り前


[上野公園の花見の様子] 面白そうなのでこの続きを読む

「上野公園の花見の様子」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
あおば歯科 (2008/02/02)
アメ横で飲む (2010/02/19)
松坂屋ファミリーレストラン (2008/05/16)

趣味性と実用性の間(ドロヨケその5)

2009-04-03 Fri

最後にアールの調整を行なってドロヨケの取り付けは完了する。取り付けの時点である程度の調整を行なって、最終的に全体のバランスを調整していくわけだ。

私の場合、最終的にはこの程度まで調整し、これで「ま、いっか」とした。こんなもんだろ。まぁ細かいことは気にしない気にしない。

これで「ま、いっか」の前輪

同じく後輪

アールの調整方法について具体的方法を紹介しよう。


[趣味性と実用性の間(ドロヨケその5)] 面白そうなのでこの続きを読む

「趣味性と実用性の間(ドロヨケその5)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
趣味性と実用性の間(クランクその5) (2010/02/24)
趣味性と実用性の間(ブレーキその2) (2009/05/22)
GW中にチャリメンテその1 (2012/05/14)

今月の歌、この1年を振り返る

2009-04-01 Wed

「今月の歌」を始めて1年たった。この1年間の選曲を振り返ろう。

2008年
 4月:4月になれば彼女は  Simon & Garfunkel
 5月:若葉のころ      BeeZees
 6月:You got a lose a girl The Beatles

 7月:カナリア諸島にて   大滝詠一
 8月:少年時代       井上陽水
 9月:夏のハーモニー    井上陽水&玉置浩二

10月:遠い街角       サザンオールスターズ
11月:The Water is Wide   Karla Bonof
12月:12月の雨      荒井由実

2009年
 1月:(年初の挨拶で休み)
 2月:冬のリビエラ     森進一
 3月:春だったね      吉田拓郎

やっぱ世代が出るね。


[今月の歌、この1年を振り返る] 面白そうなのでこの続きを読む

「今月の歌、この1年を振り返る」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
The Beach Boysの申し子たちその2 (2010/07/09)
6月の曲と言えば… (2008/06/02)
A Long Vacation (2008/07/02)