Maki's Blog ほぼ隔日

!! 2013.12.12 10秒後に後継ブログに自動的にご案内します! DTIブログの終了に伴い、本ブログは来週12月17日に消滅しますので。!!

*** 後継ブログのURLは、http://maki200801.seesaa.net/ です。よろしくね!***

野村正樹さん講演会−作家に文章を学ぶ

2008-06-30 Mon

割り込みイベントのため、月曜定例のテーマ、学習:本多勝一「日本語の作文技術」の予定を変更する。といっても文章の書き方についてプロの小説家の講演をレポートするので、流れはそのままだ。

先週の25日(水)に作家の野村正樹さんの講演会と2次会に参加した。なお、野村正樹さんのこの講演シリーズは安価(3000円)で参加自由なので、ご興味のある方はこちらからどうぞ。次回は9月25日でテーマは未定だ。

演目は「他人に伝わる文章の書き方〜自分を文章で表現する方法〜」、まさにタイムリー、実はこの企画を待っていたのだ。

レポートの前に野村正樹さんを紹介する。


講師紹介:野村正樹氏プロフィール

1944年神戸市生まれ。67年慶應義塾大経済学部卒。サントリーに入社。

以後28年間にわたり営業・宣伝・マーケティング・流通開発などを担当。宣伝部には15年間在籍し、トロピカルカクテル、ブランデーアメリカン、缶ビーなどのキャンペーンプロディユーサーも歴任。

79年:創業80周年記念論文で優勝し流行語「シティ・ウォッチング」を生む。
86年サントリーミステリー大賞応募作「殺意のバカンス」で推理作家デビュー。
91年「シンデレラの朝」で日本文芸大賞現代文学賞を受賞。

94年創業90周年記念事業のサントリーミュージアム「天保山」を開館して、広報部長に就任。95年50歳を機に早期選択定年制度で退社・独立してNMLオフィスを設立。以後、著作・講演活動に専念して現在に至る。

著書多数。日本ペンクラブ、日本文芸家協会、日本推理作家協会などに所属。


というプロフィールからすると、見た目も生き方もかなりスマートな方を想像するかもしれない。実は私もそうだった。慶応経済サントリー宣伝部から広報部長となれば、島耕作みたいな人物像を思い浮かべる。しかし実物はかなり違った。

こんなかんじだ。もしかして失礼な書き方をしているか、私は。

作家の野村正樹さん

お人柄は、苦労人・左利き・女性が苦手(本人談)・鉄。これでだいたいご想像がつくと思う。無理か。まぁいいや。とにかく気さくで親切でやさしい方だ。

これが講演のレジュメで、こういうものを用意していただけるとあとで講演メモを整理する際にとても助かる。

実は去る4月、違う演目で同氏の講演を聴いていた。それでお人柄や趣味趣向などは存じ上げている。お陰で間違った先入観なしに素直に話を聞くことができた。

プロの作家は文章をどう考えているのか。学習テーマの核心に迫る。


[野村正樹さん講演会−作家に文章を学ぶ] 面白そうなのでこの続きを読む

「野村正樹さん講演会−作家に文章を学ぶ」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
学習「財務3表一体理解法」2 (2007/12/17)
学習「財務3表一体理解法」4 (2007/12/31)
学習「7つの習慣」4 (2008/01/28)

多慶屋物語その2

2008-06-27 Fri

根津界隈シリーズ、第25話。御徒町のディスカウントショップ、多慶屋ストーリー。前回に続く第2回。

前回も書いたが、これは推測記事でありフィクションなのでお取扱いにはご注意いただきたい。


多慶屋物語その2。

成功し続けるスキームを確立した。かに見えたが、時代は容赦なく変化していく。

バッタ屋から変貌をとげ、近代的なディスカウントショップに生まれ変わった多慶屋は隆盛を極める。御徒町駅から行列のような人の流れができ、下町観光ツアーの組み込まれるほど有名になる。

しかし世の中は少しずつだが確実に変化していた。敏感な多慶屋はそれに気がついてはいたが、大きくなった図体と完成したシステムは小回りが利かない。

いったん確立した薄利多売のビジネスから脱却ができない。脱却どころか薄利多売のスパイラルが加速していく。


[多慶屋物語その2] 面白そうなのでこの続きを読む

「多慶屋物語その2」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
根津赤札堂前のママチャリ (2009/07/08)
多慶屋物語その1 (2008/06/20)
Bーぐる (2008/04/25)

XPをサクサク動かす−その2

2008-06-25 Wed

前回に続きXPをサクサク動かす方法の2回目。記事はすべて実績済みなので安心してトライしていただきたい。

前回と同様このあたりの事情をよくわかっておられる皆さんは読み飛ばして下さいね。

念のため、本体のSPECの確認。

CPU :Pentium4 2.6GHz
MOMORY:512M
HDD :160GB
OS :XP/SP2

これで快適にサクサク動かしている。どうすればサクサク動くのか。

前回は余計なファイルを消すことを説いた。もう1つ有効な手があった。余計な画面の動きを封じることだ。


[XPをサクサク動かす−その2] 面白そうなのでこの続きを読む

「XPをサクサク動かす−その2」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
新ノートPC(その2) (2013/03/04)
PDFを編集する (2009/05/20)
ハードディスクのバックアップその4 (2008/11/12)

学習:本多勝一「日本語の作文技術」6

2008-06-23 Mon

6月の学習テーマは文章の書き方とし、テキストはかつてのカリスマ、本多勝一の著作を読み、日本語文章をどう書けばいいのか考えたい。

4022610530実戦・日本語の作文技術 (朝日文庫)
本多 勝一
朝日新聞社 1994-09

by G-Tools

テキストの内容をきっかけに、文章をどう書けばいいのか、何が問題なのか、考えてきた。前回までの考え方をおおまかに言うとこうだ。

1.文章は「ですます」調ではなく非「ですます」調にすべき。
2.非「ですます」調だと、語尾の使い方がむずかしい。よく考えて使わないと読み手に不躾で乱暴な印象を与えてしまう。
3.いいなと思う記事の文章をデジタルに分析してみると、その要因がわかってとても参考になる。

1と2だが、確かに手に取ってページをめくりながら読む本で、しかも内容は散文、だったら通用する考え方かもしれない。だがブログなどネットに載せる文章の場合、果たして本当にその考え方が正しいのか、いささか疑問が残る。

なのでネットに載せる文章、特にブログの文章はどう書くべきかに焦点を絞って考えてみたい。

そこで3のアプローチにトライする。これはいいなと思う題材を選んで分析してみる。

今回もちょっと長くなるので、時間のない方はあとでじっくり読んでね。


[学習:本多勝一「日本語の作文技術」6] 面白そうなのでこの続きを読む

「学習:本多勝一「日本語の作文技術」6」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
学習:本多勝一「日本語の作文技術」2 (2008/05/19)
学習:本多勝一「日本語の作文技術」5 (2008/06/16)
学習:本多勝一「日本語の作文技術」1 (2008/05/12)

多慶屋物語その1

2008-06-20 Fri

根津界隈シリーズ、第24話。御徒町のディスカウントショップ、多慶屋のストーリー。

以前に吉池本館を紹介した。吉池本館が昔からある御徒町のランドマークだとすれば、現在の御徒町のシンボルは多慶屋だろう。最近は有名になり下町買物めぐりのバスツアーにも組み込まれている。御徒町といえば多慶屋、というイメージを描く方も多いと思う。

御徒町近くの昭和通りの一角は「多慶屋村」状態だ。多慶屋の看板がかかるビルが林立する。

昭和通り沿いに多慶屋のビルが林立する

以下は私が今まで多慶屋を見てきて感じたままに推測して書いたフィクションだ。お取扱いにはご注意いただきたい。


多慶屋物語。その1。

もともとはいわゆる現金問屋で、現金仕入・現金販売の安売り店だった。40年以上前のこと、当時はディスカウントショップなんておしゃれな言葉はない。実態は倒産した店から情容赦なく札びら切って商品を買い叩き、大量に仕入れそれを他店が真似できない安さで売る。通称バッタ屋がルーツだ。

今さら過去のことを言うと怒られるかもしれない。でも多慶屋はそこから驚くべき変貌をとげていく。


[多慶屋物語その1] 面白そうなのでこの続きを読む

「多慶屋物語その1」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
シントミゴルフその2 (2008/12/12)
根津 秋田屋 (2008/02/23)
二木の菓子 (2008/11/07)

XPをサクサク動かす−その1

2008-06-18 Wed

前回に5年前のPCでも快適に使用していることを書いた。その方法を詳しく述べよう。

ここらへんの話をよくご存知の方は読み飛ばして下さいね。

PC本体は富士通製FMV-DESKPOWER C70EV 。テレビパソコンの2003年モデル。標準の液晶テレビ(チューナー付き)兼モニタはテレビ専用として別の場所で使っている。だからモニタは後付け(これは別途詳述)で他社製を使っている。本体のSPECはこれだ。

CPU :Pentium4 2.6GHz
MOMORY:512M
HDD :160GB
OS :XP/SP2

これで快適にサクサク動かしている。プログラム類をサクサク動かすには、システムであるXPがサクサク動けばいいわけだ。XPをサクサク動かすための解説本はたくさん出ている。いろんなことが書いてある。

実際に解説本に載っていることをあれこれやってみた。結局、XPをサクサク動かす方法はこの1点に尽きるというのが結論だ。それは何か。


[XPをサクサク動かす−その1] 面白そうなのでこの続きを読む

「XPをサクサク動かす−その1」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
ipod nano その4 (2010/09/22)
iPod touch を使うその8 (2010/07/12)
iPod touchを使うその10 (2010/10/18)

学習:本多勝一「日本語の作文技術」5

2008-06-16 Mon

6月の学習テーマは5月に続き文章の書き方とし、テキストとしてこれをじっくりと読むことにする。

4022610530実戦・日本語の作文技術 (朝日文庫)
本多 勝一
朝日新聞社 1994-09

by G-Tools

テキストはじっくり読むことにして、前回に続き文章の書き方を実践的に探ってみることにする。もちろん記事は内容が1番重要なのだが、ここでは文章という切り口で考えてみたい。

ブログを書いていて、自分の書いた記事が読み手にどのような印象を与えているかとても気になる。要するに、読み手に気に入られたい、ウケたい、という気持ちが強くはたらく。

だから文体もなるべく好かれるよう書く。「ですます」調で書くのはその現れだ。

でも「ですます」調は書き手が意図するほど読み手には好かれない。むしろ鬱陶しい印象すら与える。話し言葉で書く方が親しみ表現ができる気がするのだが、ブログだって文章という表現スタイルを使うのだから、非「ですます」調が基本なのだ。これは前回書いた。

文章表現のなかで文末表現がとても気になる。文末表現が読み手に与える影響は大きい。具体的には「〜である。」「〜だ。」「〜なのだ。」「(体言止め)」という、文末が名詞・体言で終わる表現をどう使うかで文章の印象が大きく変わる。

以前、「〜である。」の多用が読み手にとても良くない印象を与えることを書いた。その代替案も考えた。でも実際にはそれぞれをどのくらいの頻度で使うべきなのか、詳しくは考えていなかった。

なので理屈をこねているよりも、お手本文章はどうなっているのか、それに対して自分はどう書いているのか、実際に調べてみようと思いついた。で、調べて比較してみた。1つ1つ数えたのだ。日曜の午後に。


[学習:本多勝一「日本語の作文技術」5] 面白そうなのでこの続きを読む

「学習:本多勝一「日本語の作文技術」5」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
学習:本多勝一「日本語の作文技術」4 (2008/06/09)
学習:本多勝一「日本語の作文技術」8 (2008/07/14)
学習:本多勝一「日本語の作文技術」6 (2008/06/23)

白山交差点

2008-06-13 Fri

根津界隈シリーズ、第23話。根津からは少し遠いが白山交差点について述べよう。

ちょうどよいタイミングというか、これがあるから白山交差点を思いついたのだが、白山交差点のすぐ近くにある
白山神社で紫陽花(あじさい)まつりが6月15日まで行なわれている。

文京区の白山神社は都営三田線の白山駅のエレベータを出るとそこが参道で、少し歩くとすぐに神社がある。意外と小さく狭い。こじんまりとまとまった小奇麗な神社といった印象だ。根津神社や湯島天神のように有名ではないが、地元の人たちに愛されていることはよくわかる。

文京区の白山神社文京区の白山神社


[白山交差点] 面白そうなのでこの続きを読む

「白山交差点」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
ジェクサー上野 (2007/12/29)
アメ横で正月食材の買物をする (2009/12/14)
花の季節 (2008/03/07)

PC本体

2008-06-11 Wed

ミニミニ書斎で使用している機器について個々を紹介しよう。まずはPC本体から。

PC本体は富士通製FMV-DESKPOWER C70EV 。テレビパソコンの2003年モデル。標準の液晶テレビ(チューナー付き)兼モニタはテレビ専用として別の部屋で使っている。モニタは別物を使用(これば別途詳述)。本体のSPECは以下だ。

CPU :Pentium4 2.6GHz
MOMORY:512M
HDD :160GB
OS :XP/SP2

これで快適にサクサク動かしている。5年前のXP機で十分機能する。当面というか壊れるまでこの本体を使おうと思っている。


[PC本体] 面白そうなのでこの続きを読む

「PC本体」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
ミニミニ書斎 (2008/06/04)
ipod nano その2 (2010/09/13)
新ノートPC(その4) (2013/03/15)

学習:本多勝一「日本語の作文技術」4

2008-06-09 Mon

6月に入った。通例だと新テーマを選ぶのだが、文章の書き方についてまだまだ考えてみたいことが多いので6月も同テーマで続けることにした。

テキストは前月と同じものに続編が出ている。より実戦に即したテーマが抽出されている。これも参考にしたい。

4022610530実戦・日本語の作文技術 (朝日文庫)
本多 勝一
朝日新聞社 1994-09

by G-Tools

テキストでは特に触れていないことなのだが、文章を書くときにまず最初に語尾の使い方で悩む。

ブログを書き始めるとき、文章の語尾を「ですます」調にするかしないかで悩んだ。当初は「ですます」調でスタートした。人に読んでもらう文章だしそれほど長くないし論文でもない。むしろ話しかける雰囲気を出したいし話し言葉の方が読み手も読みやすいだろうと思ったからだ。

「ですます」調の方が丁寧だし明るい雰囲気を出せる気がする。好かれそうな気がする。でも果たして本当にそうだろうか。

今回は記事が長いので、時間のない方は飛ばすかあとで時間のあるときにご覧いただきたい。では始めよう。


[学習:本多勝一「日本語の作文技術」4] 面白そうなのでこの続きを読む

「学習:本多勝一「日本語の作文技術」4」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
学習:本多勝一「日本語の作文技術」8 (2008/07/14)
学習:本多勝一「日本語の作文技術」2 (2008/05/19)
学習:本多勝一「日本語の作文技術」6 (2008/06/23)

根津のたいやき

2008-06-06 Fri

根津界隈シリーズ、第22回。とても有名なたいやきのお話。

このシリーズではどのガイドブックにも掲載されているような有名な題材はなるべく取り上げないことにしている。初めて聞く話だって?実はそうだったのだ。

しかし先に取り上げたイナムラショウゾウのように、常に行列ができるお店にはそれだけの価値がある。今回の根津たいやきもそうだ。

食べたことのない方には是非味わってほしい。そう思って取り上げる。

根津界隈ではイナモリショウゾウに次ぐ第2位の行列の長さを誇る。ちなみに第3位は根の津(讃岐うどん)。今は観光シーズンのピークが過ぎて少しは行列は減ったが、土日はこの通り。

土日の混雑ぶり土日の行列はこんな感じ

1尾140円。たいやきの数え方だが、お店では1つとか1個とか表記されている。私は鯛に失礼のないよう1尾2尾と数えるほうがいいと思うのだが、決まりはない。


[根津のたいやき] 面白そうなのでこの続きを読む

「根津のたいやき」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
会社の帰りに安く飲む(内幸町の巻) (2011/06/01)
アメ横で正月食材の買物をする (2009/12/14)
藝大アートプラザ (2008/01/26)

ミニミニ書斎

2008-06-04 Wed

小さいながら専用のミニミニ書斎をつくった。これだ。

ミニミニ書斎

ただのパソコンデスクじゃん?そうとも言える。これがほしかった、専用の空間が。

それまで本はそのへんに寝っ転がって読み、PCは食卓で使っていた。ブログをやり始めてPCをよく使うようになり、専用の空間がほしくなった。そこでPCデスクを購入しミニミニ書斎とした。当局の許可を得て。

他人のPC環境って興味あるものだ。語るほどではないけど私の現行PC環境を紹介しよう。


[ミニミニ書斎] 面白そうなのでこの続きを読む

「ミニミニ書斎」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
古いXP機に最新液晶ディスプレイを接続するその3 (2008/07/23)
XPをサクサク動かす−その1 (2008/06/18)
新ノートPC(その4) (2013/03/15)

6月の曲と言えば…

2008-06-02 Mon

4月、5月に続き6月も季節の挨拶とともに、月にちなんだ曲を紹介します。

6月は雨の季節。一昨日も1日じゅう雨だった。週末の雨はやめてほしいけど。

雨の曲は意外と多い。でも「6月」の歌詞の入る曲は少ない。雨の曲で6月の歌詞の入る曲と言えばこれでしょう。


[6月の曲と言えば…] 面白そうなのでこの続きを読む

「6月の曲と言えば…」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
Aja (2010/01/20)
吉田拓郎「花酔曲」 (2010/04/21)
12月の雨 (2008/12/01)