Maki's Blog ほぼ隔日

!! 2013.12.12 10秒後に後継ブログに自動的にご案内します! DTIブログの終了に伴い、本ブログは来週12月17日に消滅しますので。!!

*** 後継ブログのURLは、http://maki200801.seesaa.net/ です。よろしくね!***

GW休刊のお知らせ

2008-04-30 Wed

若葉が美しい季節になりました。皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

5月のゴールデンウィークを迎え、勝手ながら次回の更新5月7日(水)までお休みとさせていただきます。

昨年12月1日から始めた本ブログも早いもので5ヶ月が経ちました。皆さんのアクセスを励みに続けています。感謝です。

GW中に鋭気を養って休み明けから張り切って再開します。皆様もよい日々をお過ごし下さい。

それでは、次回5月7日(水)からお楽しみに。

ところで…


[GW休刊のお知らせ] 面白そうなのでこの続きを読む

「GW休刊のお知らせ」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
ブログ再開します (2011/05/09)
ブログを改修しました (2011/10/24)
ブログ夏休みのお知らせ (2012/07/30)

学習:梅田望夫を読む4

2008-04-28 Mon

4月の学習テーマは、梅田望夫を読む、とした。

4480063870ウェブ時代をゆく─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書 687)
梅田 望夫
筑摩書房 2007-11-06

by G-Tools

ネット世界が急速に発展し世界の叡智が加速度的に注ぎ込まれるようになっている現実。その現実を姿を実証的に示すとともに、その世界への関わり方を説いた書だ。あらためてその現実を認識させてくれるとともに、かかわり方の姿勢を提示してくれる。


[学習:梅田望夫を読む4] 面白そうなのでこの続きを読む

「学習:梅田望夫を読む4」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
学習「財務3表一体理解法」1 (2007/12/10)
野村正樹さん講演会−作家に文章を学ぶ (2008/06/30)
学習「財務3表一体理解法」2 (2007/12/17)

Bーぐる

2008-04-25 Fri

根津界隈シリーズ、第17話。乗り物のお話。

『3月30日、東京の日暮里駅(荒川区)と見沼代親水公園(足立区)の9.8キロを結ぶ、都営新交通システム「日暮里・舎人ライナー(にっぽり・とねりらいなー)」が開業した。』(各紙より抜粋)

新東京銀行でお騒がせ渦中の石原都知事もかけつけたという上記の全国版のニュースに隠れているけど、とても地味ながら都内各地ではコミュニティバスが相次いで運行開始している。

文京区営の区内循環バス「Bーぐる」も新装し停留所も増やし快調に運行している。先日乗ってみた。実にローカルなニュース。

マスコットのびぃ マスコットのびぃ


[Bーぐる] 面白そうなのでこの続きを読む

「Bーぐる」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
根津のたいやき (2008/06/06)
東京スカイツリーその1 (2009/10/16)
ジェクサー上野、店舗対抗水泳大会 (2009/12/07)

根津神社つつじまつり

2008-04-23 Wed

近所のイベント、根津神社つつじまつりのご案内。

東京は桜が終わってすっかり春本番に。桜が終わると根津神社のつつじが咲き始め、根津界隈が1年で最も賑わう季節を迎える。

このあとも6月は白山神社のあじさいまつり、7月は上野不忍池の蓮の開花と、界隈は花の季節が続く。

根津のシンボル根津神社


[根津神社つつじまつり] 面白そうなのでこの続きを読む

「根津神社つつじまつり」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
和田さんに学ぶ (2008/03/05)
The Beatlesの日 (2008/07/11)
夢プレゼン2007 (2007/12/21)

学習:梅田望夫を読む3

2008-04-21 Mon

4月の学習テーマは、梅田望夫を読む、とした。

4480063870ウェブ時代をゆく─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書 687)
梅田 望夫
筑摩書房 2007-11-06

by G-Tools

ネットの価値と将来性を高らかに説く本書とはずいぶん離れてしまって申し訳ないけど、ネットやパソコンに関わることについて世間がどう見ているのか、というとてもとても初歩的なことに触れてみたい。

大き分けてく2つある。


[学習:梅田望夫を読む3] 面白そうなのでこの続きを読む

「学習:梅田望夫を読む3」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
学習「7つの習慣」3 (2008/01/21)
学習「財務3表一体理解法」3 (2007/12/24)
マネージャースキル (2007/12/03)

六龍鉱泉&鴎外の湯

2008-04-18 Fri

根津界隈シリーズ、第16話。みんなが大好きな温泉もあるよの巻。

一時ほどの勢いはなくなったようだけど、温泉に対する人気は根強い。根津、なんちゃって。よせってば。

当然だけど根津界隈にも温泉くらいはある。ご察しの通り銭湯だけど。それも年季の入った銭湯。名前は六龍鉱泉。かなりトラッドな銭湯だ。


狭い路地から写すとこうなる


[六龍鉱泉&鴎外の湯] 面白そうなのでこの続きを読む

「六龍鉱泉&鴎外の湯」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
会社の帰りに安く飲む(吉池前) (2011/02/16)
根津赤札堂前のママチャリ (2009/07/08)
Bーぐる (2008/04/25)

禁酒6

2008-04-16 Wed

酒の関連で。触れておかなければならない話題だと思って。
前回少し書いた酒と鬱との関係について。

なぜ酒と鬱の関係を気にするようになったか、というと…


[禁酒6] 面白そうなのでこの続きを読む

「禁酒6」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
禁酒による嗜好の変化 (2012/10/12)
禁酒を考えるその6(飲酒と個人差) (2010/11/26)
2012年禁酒事始めその6 (2012/03/07)

学習:梅田望夫を読む2

2008-04-14 Mon

4月の学習テーマは、梅田望夫を読む、です。

4480063870ウェブ時代をゆく─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書 687)
梅田 望夫
筑摩書房 2007-11-06

by G-Tools
まずざっと読みました。なるほど。

・オープンソースのビジネスが成り立つ背景
・Google礼賛
・ネット世界の発展で知的活動が可能になる
というネット世界の現状説明と、

・筆者の「けものみち」という生き方と実績
・ネットの世界を利用して可能性を拡げるべき
・ネットの世界こそ「自助」が必須、サバイバルが基本
という筆者の生き方の説明とこれからの生き方のヒント。

おおまかに言うと上記の2つが主張であると読みました。


[学習:梅田望夫を読む2] 面白そうなのでこの続きを読む

「学習:梅田望夫を読む2」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
学習:梅田望夫を読む3 (2008/04/21)
学習「7つの習慣」3 (2008/01/21)
学習「7つの習慣」1 (2008/01/07)

勝太郎&澤の屋

2008-04-11 Fri

根津界隈シリーズ、第15話。谷中の旅館のお話。

根津界隈でIneternational一般の部第1位はまちがいなく
The University of Tokyo
でしょう。おそらく。

で、Ineternational旅館の部があるとすれば第1位は
Katutaro
or
Sawanoya
の争いでしょう。touristsの間では有名なRyokanです。

日本語では勝太郎と澤の屋。ともに外国人が多く利用する旅館。勝太郎は2つあって、旅館勝太郎が上野池之端に、別館のアネックス勝太郎が谷中にあります。澤の屋旅館も谷中にあります。

旅館勝太郎 旅館勝太郎
 40年以上の歴史がある(池之端)

アネックス勝太郎 アネックス勝太郎(谷中)
 こちらは2001年2月オープン

澤の屋旅館 澤の屋旅館(谷中)
 2種類の家族風呂が完成


[勝太郎&澤の屋] 面白そうなのでこの続きを読む

「勝太郎&澤の屋」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
多慶屋物語その2 (2008/06/27)
スカイツリー読売支局 (2010/11/17)
根津のたいやき (2008/06/06)

禁酒5

2008-04-09 Wed

前回からの続き。逆に禁酒して損したことですね。

それはですね…


[禁酒5] 面白そうなのでこの続きを読む

「禁酒5」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
2012年禁酒事始めその5 (2012/02/29)
禁酒による嗜好の変化 (2012/10/12)
禁酒1 (2008/02/08)

学習:梅田望夫を読む1

2008-04-07 Mon

4月の学習テーマは、梅田望夫を読む、とします。

2月3月と村上春樹の世界を堪能しました。文学でした。今月はガラリと変えて「ウェブ進化論」を始めその後のシリーズでベストセラーを連発している梅田望夫を読みます。

「これからどーやって生きていけばいいんだっけ」という根本的な疑問に対し、「ネット世界」という「あっちの世界」をどう捉えどう感じてどう関わっていけばいいのかを考えることで、解決のヒントを見つけていこうと思います。

著作として、以下を候補としました。
1.ウェブ時代をゆく  出版年月:2007.11
2.フーチャリスト宣言 出版年月:2007.05
3.ウェブ人間論    出版年月:2006.12
4.ウェブ進化論    出版年月:2006.02

IT関連は今この瞬間がすべてという見地から、新しいものから読んでいくことにします。最新作である1の「ウェブ時代をゆく」から読み始めます。全部は読まない予定です。


4480063870ウェブ時代をゆく─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書 687)
梅田 望夫
筑摩書房 2007-11-06

by G-Tools


最近「ネット世界」に関しては、こんなことを考えています。


[学習:梅田望夫を読む1] 面白そうなのでこの続きを読む

「学習:梅田望夫を読む1」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
学習「7つの習慣」3 (2008/01/21)
学習「財務3表一体理解法」4 (2007/12/31)
マネージャースキル (2007/12/03)

April Come She Will

2008-04-04 Fri

4月になりました。ちょっと予定を変更して左の一言欄の説明を。

本ブログでは月ごとの「おもてなし」として左の欄に(←の方に)写真を出しています。その下に一言を書いているのですが、今月の一言に対して問い合わせが殺到していますので(約1名同居人から聞かれただけですが)説明しておきますね。

'April Come She Will' 「4月になれば彼女は」 By Simon & Garfunkel 

この題名からとりました。

では名曲をライブで楽しみましょう。


[April Come She Will] 面白そうなのでこの続きを読む

「April Come She Will」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
雨のウェンズディを再び (2012/07/11)
遠い街角 (2008/10/01)
若葉のころ (2008/05/07)

お花見はしごツアー

2008-04-02 Wed

イベントです。
先週の日曜日30日、某レビューブロガー主催のお花見はしごツアーに参加しました。

お花見はしごツアー旗

主催者のわださん、たいへんお世話になりました。この場を借りて御礼です。企画・連絡・実行・案内、本当にご苦労様でした。ありがとうございました。

当日のわださんの記事はこちらから

ご覧のように、メジャーなブログに拙ブログを紹介していただきました。ご配慮感謝の至りです。それにしても字がデカい。ひょえ〜。

過疎に悩む名も無い山村で、村の特産品に対し全国ネット番組で特集してもらった村役場の担当職員の気持ちです。たとえが長いってば。

ツアー当日。スタート時は曇り。スタートは好調だった。


[お花見はしごツアー] 面白そうなのでこの続きを読む

「お花見はしごツアー」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
本ブログでTwitterの輪を拡げませんか (2012/04/20)