Maki's Blog ほぼ隔日

!! 2013.12.12 10秒後に後継ブログに自動的にご案内します! DTIブログの終了に伴い、本ブログは来週12月17日に消滅しますので。!!

*** 後継ブログのURLは、http://maki200801.seesaa.net/ です。よろしくね!***

ブレーキをメンテする(その4)

2013-07-19 Fri

例によって、バイクのメンテにご関心のない方は、この記事スルーしてね。

リアのキャリパーはホイールの軸に固定されているので、取り出すにはホイールを外す必要がある。もちろんパッドやフルードの交換だけならその必要はないのだが、今回はキャリパーの掃除が目的なのでホイールを外す。

その後の手順はフロントと同じ。キャリパーの清掃、パッドの交換、必要箇所のグリスアップを行い、最後にフルードの交換を行う。キャリパーの掃除、ピストンの掃除はフロントと同様、中性洗剤を入れたバケツの中にザブンと入れて行う。

キャリパーごとバケツに入れてしまう

パッドの交換作業もフロントと同じ。


[ブレーキをメンテする(その4)] 面白そうなのでこの続きを読む

「ブレーキをメンテする(その4)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
早朝ツーリング (2013/04/19)
グリップヒーターを付ける (2012/12/17)
バイクは「晴走雨保守」で (2012/07/25)

ブレーキをメンテする(その3)

2013-07-17 Wed

例によって、バイクのメンテにご関心のない方は、この記事スルーしてね。

キャリパーの汚れを歯ブラシで落とす。まだ1年足らずしか使っていないので、中性洗剤で汚れはきれいに落ちる。ピストン横の汚れも落とす。ここでちょっとした道具が登場する。

ブレーキピストン掴み器具

ピストン回し。ピストン表面に傷をつけないよう、ピストン上部を内側から挟んで固定して回転させる。この作業だけ、他に使いようがない特殊工具。

各社から出ているが、WITオリジナル製品が安くて機能的にも十分。これを使ってピストンを回転させ、ピストン横の汚れをまんべんなく落とす。ピストン横とサポートボルトにシリコングリスをつける。


[ブレーキをメンテする(その3)] 面白そうなのでこの続きを読む

「ブレーキをメンテする(その3)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
バイクに乗る(長文注意) (2012/03/19)
夏は乗らない (2012/09/07)
1年点検でドック入り (2013/03/27)

ブレーキをメンテする(その2)

2013-07-15 Mon

例によって、バイクのメンテにご関心のない方はこの記事スルーしてね。

フロントのキャリパーを外すには、フロントフォークに付けられたボルト2本を外すだけ。このときキャリパーサポートボルト(※)をあらかじめ緩めておくと後で作業しやすいと書かれた記事が多いのだが、別に緩めなくても困らない。キャリパーを外してからやればいい。

キャリパーを外す

ところでキャリパーサポートボルトに※印を付けたのにはワケがある。このボルトのお蔭で予期せぬ事態を招いてしまった。セロー250でこの作業を初めて行う方は、是非是非この点にご留意いただきたい。


[ブレーキをメンテする(その2)] 面白そうなのでこの続きを読む

「ブレーキをメンテする(その2)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
オイルとオイルエレメントの交換 (2012/10/05)
オイル交換その1 (2012/05/30)
伊豆スカイラインを走って思う (2013/05/29)

ブレーキをメンテする(その1)

2013-07-12 Fri

昨年末行ったリアリンクのメンテの次はブレーキのメンテと決めていた。冬の寒い時期に作業を終えるつもりでいたが、伸び伸びになり先月6月某日にやっと終わった。構想から作業完了まで半年かかった。

ブレーキメンテは意外とおもしろい

例によってバイクのメンテに関心の無い方は、この記事スルーだからね。


[ブレーキをメンテする(その1)] 面白そうなのでこの続きを読む

「ブレーキをメンテする(その1)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
レンタルバイク (2012/02/17)
土曜日は早朝バイク (2012/06/06)
ブレーキをメンテする(その2) (2013/07/15)

タイヤを替えた(その2)

2013-07-05 Fri

オフロードタイヤとオンロードタイヤでは乗り心地はかなり変わる。

オンロードタイヤを履いたマイセロー

まず音も振動も静かになる。路面から伝わる音と振動が減るからだ。今までタイヤの音と振動で消されていたエンジンの音と振動を鮮明に感じる。


[タイヤを替えた(その2)] 面白そうなのでこの続きを読む

「タイヤを替えた(その2)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
伊豆スカイラインを走って思う (2013/05/29)
リアリンクのメンテ(その2) (2013/03/01)
早朝ツーリング (2013/04/19)

タイヤを替えた(その1)

2013-07-03 Wed

セローの前後のタイヤを交換した。新車時に付いてきたオフロード系のタイヤからスリック状のオンロード系のものに替えてみた。

タイヤを替える、これはいい結果をもたらした

乗り心地がかなり変わった。まるで別バイク、というとちょっと大げさだが、かなり印象が変わったのは確か。


[タイヤを替えた(その1)] 面白そうなのでこの続きを読む

「タイヤを替えた(その1)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
オイル交換その1 (2012/05/30)
ブレーキをメンテする(その2) (2013/07/15)
タイヤを替えた(その2) (2013/07/05)

伊豆スカイラインを走って思う

2013-05-29 Wed


どうしても伊豆半島をバイクで走ってみたかった。なので行って来た。GWに日帰りで。バイクで伊豆を走るのは初めて。例によって早出した。

目的は伊豆スカイラインを走ること

目的は伊豆スカイライン。伊豆の走り始めはこの道と決めていた。いかにも爽やかなイメージがあるではないか。


[伊豆スカイラインを走って思う] 面白そうなのでこの続きを読む

「伊豆スカイラインを走って思う」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
リアリンクンのメンテ(その3) (2013/03/08)
秩父の舗装林道ツーリング (2012/11/16)
バイクのメンテの模様を語る前に (2013/02/22)

どこから見る富士山が美形なのか

2013-05-17 Fri

富士山はどの角度から見ると美しいのか。これが知りたかった。だったら実際に富士山を一周するのが手っ取り早い。GW中にバイクで富士山を一周した。伊豆箱根からも富士山を見てきた。

今回見た中で一番美形な富士山はこれ。

この富士山はお馴染みだよね

本栖湖から見た富士山。5日午前8時。この富士山はどこかでご覧だろう。千円札のさし絵と同じ角度から撮ったものだ。


[どこから見る富士山が美形なのか] 面白そうなのでこの続きを読む

「どこから見る富士山が美形なのか」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
ブレーキをメンテする(その2) (2013/07/15)
バイクのメンテに取り組む (2012/12/03)
タイヤを替えた(その2) (2013/07/05)

早朝ツーリング

2013-04-19 Fri

午前2時に出発。バイクのツーリングの話。先週の日曜日に敢行した。

午前2時に出発する

ちゃんと寝たのか? Yes、十分眠った。前日の土曜の晩は同じく午前3時出発だった。疲れて夜9時にバタンQ。熟睡して午前1時半に起床、なので2時に出発出来る。


[早朝ツーリング] 面白そうなのでこの続きを読む

「早朝ツーリング」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
着々とカスタム化 (2012/11/07)
アルミ製ドレンボルトの教訓 (2012/12/21)
どこから見る富士山が美形なのか (2013/05/17)

1年点検でドック入り

2013-03-27 Wed

バイクを買って1年が過ぎた。昨年の秋から冬にかけてはほぼ毎週末を乗り、その間、リアリンクを始め手のかかるメンテ作業も楽しんだ。だが年明け後は寒さとバタバタしている間に乗る機会を逸してしまった。せっかく最強の防寒対策、グリップヒーターを付けたのに。

結局1年間で走行6300キロ。傷みはない。傷むほど乗っていない。慌てず楽しめばいい。腐るものでもないし。

販売店で1年点検をしてもらった

販売店とのつきあいも大切。買ってちょうど1年。区切りのいい所でドック入り。1年点検を依頼した。


[1年点検でドック入り] 面白そうなのでこの続きを読む

「1年点検でドック入り」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
ブレーキをメンテする(その4) (2013/07/19)
バイクを再開 (2012/09/26)
バイクは「晴走雨保守」で (2012/07/25)

リアリンクのメンテ(その4)

2013-03-13 Wed

各パーツを仮止めしたあとは、トルクレンチを使って規定値まで締める。このトルクレンチの普及が、メンテ作業をバイク屋のオヤジ職人芸から素人サンデーメカニックに解放した。そう言っても過言ではない。

トルクレンチの普及がサンデーメカニックを可能にした

各ボルトは締める力が決められている。それにしたがって締めていく。これなら素人でも安全を担保しながらメンテ作業できる。


[リアリンクのメンテ(その4)] 面白そうなのでこの続きを読む

「リアリンクのメンテ(その4)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
レンタルバイク (2012/02/17)
ブレーキをメンテする(その3) (2013/07/17)
秩父の舗装林道ツーリング (2012/11/16)

リアリンクンのメンテ(その3)

2013-03-08 Fri

パーツクリーナーを使って各パーツを洗浄した後、いよいよグリスアップを行う。

自転車メンテではデュラエースグリスという製品ですべてをまかなったが、バイクは違う。自転車に比べ各部品にかかる力が桁違いに大きい。内容に合わせたグリスを使う。

世間で定評のあるグリスを採用。ネットで調べてメンテの達人たちの愛用グリスを使う。

赤がワコーズのハイマルチ、黄がAZのモリブデン

回転部を主に防水や防錆にはワコーズのハイマルチ。右の赤いヤツ。調度つまり粘り気は2。

極圧と言われる大きな衝撃力が加わる箇所の潤滑には、モリブデングリスが推奨されている。ベースがウレア系のエーゼット社の有機モリブデングリスを試用。左の黄色のモノ。

2種類の機能差がどれほど現実的なのかよくわからないので、後々の参考になるように、リンクアームごとに塗り分けて効果の差を実験してみることにした。たぶんわからないと思うけど。


[リアリンクンのメンテ(その3)] 面白そうなのでこの続きを読む

「リアリンクンのメンテ(その3)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
リアリンクのメンテ(その2) (2013/03/01)
バイクに乗る(長文注意) (2012/03/19)
ブレーキをメンテする(その1) (2013/07/12)

リアリンクのメンテ(その2)

2013-03-01 Fri

これがリアリンク本体。

リアリンク本体はこれ

リアリンク機構は、リアのサスペンションとスイングアームとバイク本体を連結する装置。ちょっとわかりずらいけど、真後ろから見るとこうなる。

真後ろから見ると、サスペンションの奥にある

バネ状のサスペンションと車輪が付くスイングアームと、バイク本体を結び付け(リンク)ているのがお分かりだろうか。

メンテナンスは、これらを分解し接触するパーツにグリスを塗り、衝撃吸収と回転の潤滑を円滑にすることだ。

各パーツを結合しているボルトとナットを外し、内部にあるスペーサーやブッシュと言われる回転接触部品を取り外し、最後にスイングアームとバイク本体を取り付けているピボットシャフトを抜く。

こうしてバラバラに分解し、パーツを洗浄し、グリスアップして組立て直す。ただそれだけ。そう、ただそれだけの作業。


[リアリンクのメンテ(その2)] 面白そうなのでこの続きを読む

「リアリンクのメンテ(その2)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
バイクに乗る準備(装備編) (2012/03/23)
ブレーキをメンテする(その3) (2013/07/17)
着々とカスタム化 (2012/11/07)

リアリンクのメンテナンス(その1)

2013-02-25 Mon

マイバイクの本格的メンテ作業第一弾。リアリンク機構のメンテナンス。

さて、いきなり話を変える。前回話題に出した村上春樹「世界の終りとハードボイルドワンダーランド」。あの文脈では「1Q84」の方がよかったかもしれない。でもね、

先日高校の後輩で慶應出のプロの編集者と飲む機会があり、「世界の終り…」がいかに凄いかという自説を主張したところ、その通り!と彼は120%共感してくれた。プロにも評価されるんだー、いやーうれしいなーと杯がガンガン進んだ。ま、好みの問題でもあるんだけどね。

何が言いたいかと言うと、「世界の終りとハードボイルドワンダーランド」がとても好きで、それをわかってもらいたかっただけ。未体験の方はぜひ読んでね。

脱線した。話を戻す。リアリンクの話。

リアリンクとはリアのサスペンションまわりの機構

リアリンクとは、後輪のサスペンション周りの機構を指す。ここが円滑に動作しないと地面から受ける衝撃を吸収できず、また駆動力を効率良く路面に伝えることができない。

先のオイル交換と同じで、やりたいからやったまで。グリスアップ作業が今すぐ必要というわけではない。どうしてもやりたかった。だからやった。しつこいか。


[リアリンクのメンテナンス(その1)] 面白そうなのでこの続きを読む

「リアリンクのメンテナンス(その1)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
ブレーキをメンテする(その4) (2013/07/19)
オイルとオイルエレメントの交換 (2012/10/05)
レンタルバイク (2012/02/17)

バイクのメンテの模様を語る前に

2013-02-22 Fri

バイクのメンテの模様を報告しようと思う。

実はとても申し訳ないと思っている。スカイツリーの話なら関心がなくても多少は読む気が起きようというものだが、バイクのメンテとなると、ほとんどの方は題名を見ただけでスルーするに違いない。

バイクのメンテの話題は超マイナー

私だって関心がないことや嫌いなものは題名を見ただけでスルーする。たとえばAKB48の追っかけ記事とか社交ダンスの試合の話など。

仕方がない。個人の好き嫌いだから。

関心がない方々にもなるべく読んでいただけるよう工夫したい。だがバイクのメンテとなると極めて専門性が強い。バイクに乗るだけでもマイナーなのに、メンテナンスとなると更にマイナーになる。

それくらいの話題だから、関心のない方に興味を持っていただく試みは諦める。バイクのメンテに関心のある方々だけに向けて書く。

関心をお持ちではない方には、こういう世界もあるのか、くらいの気持ちでご覧になっていただきたい。もしかしたら、断片的には関心の持てる内容があるかもしれない。いやいや、実際のところ、そんなことはあり得ないと思う。何かいい手はないだろうか。

そこで考えた。これならどうだろう。

実は昨年末にPCを買った。今まで妻のノートPCを借用していたが、妻から専用で使いたいと言われ、それに応じることにした。奮発して私専用の新しいノートPCを購入した。

新しいノートPCが大混乱の元となった

これが年初からの大混乱の元凶になった。えらいこっちゃになってしまった。1ヶ月間苦闘し、ようやく最近になって落ち着いた。

バイクのメンテの話を連続して書くと、スルーされ続けて大切な読者様を失う。そこでバイクのメンテの模様は、新ノートPCの導入の顛末と交互に書く。あたかも村上春樹「世界の終りとハードボイルドワンダーランド」のように。ちょっと違うか。かなり違う気もするが、まぁいい。

これなら一気に読者様を失うことにならないと思う。そう願う。それで書く。

ではまずはバイクのメンテナンスの話、リアリンクのグリスアップの模様から。

紙面が尽きた。次回から。お楽しみに。

「バイクのメンテの模様を語る前に」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
リアリンクのメンテ(その4) (2013/03/13)
土曜日は早朝バイク (2012/06/06)
今使っているラチェット類 (2012/10/31)

アルミ製ドレンボルトの教訓

2012-12-21 Fri

工具類を揃えあとは作業を行うだけってところで、ハッすることが起きた。

オイルドレンボルトは純正品に換えて、他社製のマグネット付きアルミ製ボルトをつけている。

純正に替えてアルミ製ドレンボルトを付けていた

このアルミ製のドレンボルト。よく考えて使わないといけない。


[アルミ製ドレンボルトの教訓] 面白そうなのでこの続きを読む

「アルミ製ドレンボルトの教訓」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
ブレーキをメンテする(その3) (2013/07/17)
土曜日は早朝バイク (2012/06/06)
今使っているラチェット類 (2012/10/31)

グリップヒーターを付ける

2012-12-17 Mon

手先が冷える。ハンドルウォーマーを付ける。それでも冷える。ならば究極の対応、グリップヒーターしかない。

早速グリップヒーターを付けた

早速付けた。ぎっくり腰やノロウィルスで仕事を休んでも、こういうことはきっちり話を進める。


[グリップヒーターを付ける] 面白そうなのでこの続きを読む

「グリップヒーターを付ける」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
どこから見る富士山が美形なのか (2013/05/17)
アルミ製ドレンボルトの教訓 (2012/12/21)
オプション編その2 (2012/04/23)

12月の防寒対策

2012-12-07 Fri

12月に入って本格的に寒くなってきた。バイクは寒い。

ダートに霜が降り、そのうち雪が降る

昼間になり太陽が出れば空気が暖まり少しは楽になる。しかし早朝は気温がマイナス、山影の地域は昼間でもマイナスのまま。バイクの天敵、道路の凍結も始まる。気を付けないと。

そんな12月初旬、懲りずに防寒テストを敢行した。例によって夜明け前、秩父まで2時間をバイクで駆け抜ける。お疲れ様。結果を報告しよう。


[12月の防寒対策] 面白そうなのでこの続きを読む

「12月の防寒対策」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
バイクを再開 (2012/09/26)
グリップヒーターを付ける (2012/12/17)
バイクに乗る準備(装備編) (2012/03/23)

バイクのメンテに取り組む

2012-12-03 Mon

走行距離が5000キロを越えた。おおよそ構造や感触は理解した。

バイクのもう1つの楽しみ、メンテ作業に取組む。ネジ交換やオプションの換装、日常点検作業とは異なり、ハードルは高くなる。命を載せて走るものだから慎重に謙虚に行わないと。

メンテ作業を行うための道具揃え

足回りのメンテから。道具類も必要な機能と品質のものを揃えた。作業を考えて道具を揃えていくのも楽しみのひとつ。


[バイクのメンテに取り組む] 面白そうなのでこの続きを読む

「バイクのメンテに取り組む」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
レンタルバイク (2012/02/17)
アルミ製ドレンボルトの教訓 (2012/12/21)
バイクは「晴走雨保守」で (2012/07/25)

防寒対策(手先編)

2012-11-21 Wed

足先と同じく痛いのが手先。防寒対応の冬用グローブでも風にはやられる。指先が冷たくなって痛いし動かないし気分も滅茶苦茶めいる。

夜明け前のバイクは寒い

何とかならんか。手先の冷え。

見栄や外見はこの際どうでもいい。そう割り切ればこれしかない。


[防寒対策(手先編)] 面白そうなのでこの続きを読む

「防寒対策(手先編)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
どこから見る富士山が美形なのか (2013/05/17)
バイクのメンテに取り組む (2012/12/03)
オイル交換その1 (2012/05/30)

防寒対策(足先編)

2012-11-19 Mon

寒くなってきた。寒い中朝早くバイクに乗るなんて、バカなヤツだと思われるだろうが、寒さ対策をしているから出来るわけだ。

風速秒速1mで体感温度が1度低下するというから、時速60キロなら約17度体感温度が下がる計算だ。そんなに下がるか?と思うが、2時間走り続けるとそれくらいになるかも。特に手先足先は冷たさを通り過ぎて痛くなる。かなりめげる。

早朝の景色は美しいが、手足が冷たくなる

先日突然閃いた。足先の画期的防寒法。効果的かつ安価。残念ながら他の分野に応用が効かないが。役に立たない話でご免。


[防寒対策(足先編)] 面白そうなのでこの続きを読む

「防寒対策(足先編)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
オイル交換その2 (2012/06/01)
12月の防寒対策 (2012/12/07)
バイクに乗る準備(装備編) (2012/03/23)

秩父の舗装林道ツーリング

2012-11-16 Fri

ネットを探したが見つからない。ならば仕方ない。これが紹介記事として検索されることを願おう。7つの峠を一気に踏破する林道リーリングコース。全長約50キロ。すべて舗装路。

秩父の奥の方。奥武蔵グリーンラインではないよ、もっと奥にあるマイナーな林道。

秩父の奥にある林道を走る

わかりにくい地図でごめん。クリックすると大きくなる。

すべて舗装路。初心者でもOK。脚力に自信のある方なら自転車でもいいかも。

ネットで見つからないのは、だぶんこんなことするヤツはいないからだろう。オフロードバイクはダートを走らないといけない、なんてことはない。林道は舗装路だって楽しい。

つか、ダートだとひとりで走る腕と度胸が無いだけなんだけどね。


[秩父の舗装林道ツーリング] 面白そうなのでこの続きを読む

「秩父の舗装林道ツーリング」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
12月の防寒対策 (2012/12/07)
1年点検でドック入り (2013/03/27)
ブレーキをメンテする(その2) (2013/07/15)

着々とカスタム化

2012-11-07 Wed

使っているうちにこうした方が便利だよなって感じることがある。購入以前からわかっていたことは既に行った。その後、実際に使ってみていくつか実施している。

快適なツーリングのために着々とカスタム化

実施にあたって参考になるのはこのサイト。どうもありがとう。


[着々とカスタム化] 面白そうなのでこの続きを読む

「着々とカスタム化」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
夏は乗らない (2012/09/07)
バイクに乗る準備(オプション編) (2012/03/28)
バイクに乗る(長文注意) (2012/03/19)

今使っているラチェット類

2012-10-31 Wed

バイクのメンテには工具が要る。工具はあくまで手段なのだが、工具そのものに惹かれる方々も世の中にはいて、私も「その気持ちはとてもよくわかる」ひとり。このあたり詳しくは別途またの機会に。

でもバイクをいじるにはまず実用。今は実用を優先して揃えている。バイクメンテでよく使うのがラチェットの類。今使っているのはこれ。

まずはラチェット類が必要になる

ラチェットハンドルはWorld Import Toolsオリジナル。これが気に入っている。


[今使っているラチェット類] 面白そうなのでこの続きを読む

「今使っているラチェット類」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
1年点検でドック入り (2013/03/27)
リアリンクのメンテ(その2) (2013/03/01)
オイル交換その2 (2012/06/01)

オイルとオイルエレメントの交換

2012-10-05 Fri

3月に納車して、その後2ヶ月で2000キロ余走った。夏は暑くて乗らず、9月になってやっと3000キロを越えた。キリがいいのでオイルとオイルエレメントを交換することにした。

必要な部品は以下。

オイル&エレメント交換に必要な部品

・ガスケット(ドレインボルト)
・オイルエレメント
・Oリング(大)
・Oリング(小)×1(サービスマニュアルには2個必要な絵が描かれているが、2012年式セローは1つで間違いない)
・オイル(ヤマハ純正プレミアム)

YSPで純正部品を取り寄せた。今回は教科書通りにガスケットやOリング類も新品に取り替える。


[オイルとオイルエレメントの交換] 面白そうなのでこの続きを読む

「オイルとオイルエレメントの交換」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
バイクに乗る(長文注意) (2012/03/19)
オイル交換その2 (2012/06/01)
今使っているラチェット類 (2012/10/31)