Maki's Blog ほぼ隔日

!! 2013.12.12 10秒後に後継ブログに自動的にご案内します! DTIブログの終了に伴い、本ブログは来週12月17日に消滅しますので。!!

*** 後継ブログのURLは、http://maki200801.seesaa.net/ です。よろしくね!***

再びロキソニンに大感謝

2013-06-24 Mon

先週の木曜日、役職離任の日、会社からの帰り道、地下鉄の中で腰に違和感を感じた。ちょっとヤバい予感がした。

思ったとおり夜に来た。ギックリ腰。起き上がれない。

それでも慌てない。私にはこれがある。

ロキソニンが頼みの綱

ロキソニンン。これさえ飲めば大丈夫。以前、これで救われた


[再びロキソニンに大感謝] 面白そうなのでこの続きを読む

「再びロキソニンに大感謝」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
禁酒を考えるその6(飲酒と個人差) (2010/11/26)
2012年禁酒事始めその6 (2012/03/07)
禁酒を考えるその8(飲酒と運動) (2010/12/10)

鼻かぜは耳鼻科が断然いい

2013-06-10 Mon

以前、風邪で喉が痛い時、耳鼻科に行って事なきを得たことを書いた。今回また耳鼻科のお世話になった。今度は鼻カゼで。

鼻かぜも耳鼻科が絶対いい

鼻カゼも耳鼻科がたいへん有効なことを初めて知った。


[鼻かぜは耳鼻科が断然いい] 面白そうなのでこの続きを読む

「鼻かぜは耳鼻科が断然いい」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
禁酒生活継続中(その3) (2013/05/31)
禁酒を考えるその3(禁酒と不眠) (2010/10/29)
禁酒4 (2008/03/14)

禁酒生活継続中(その4)

2013-06-07 Fri

題名に偽りあり。先週土曜日、禁酒75日目にして飲んだ。大学ゼミの同級会。文字通り「旧交を温める」集い。こういう場では飲むに限る。

真の意味で飲まなければならない飲み会もある

その後は毎日飲み続けても自由だが、さて、私はどういう行動をとったのか。


[禁酒生活継続中(その4)] 面白そうなのでこの続きを読む

「禁酒生活継続中(その4)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
禁酒を振り返る (2012/12/19)
ロキソニンに大感謝 (2012/12/10)
飽食を断つその3 (2010/03/10)

禁酒生活継続中(その3)

2013-05-31 Fri

先に禁酒のメリットとして以下を挙げた。

1)熟睡できて朝が爽やか
2)睡眠の質の向上

その他、現実的なメリットとして酒酔い運転が皆無になることがある。しかしあまりにわかりやすく当たり前なので、ここでは省く。あとの残りのメリットは上記の1と2から派生するものがほとんどだ。

禁酒のメリットは何と言っても睡眠関連だ

ならば次はデメリットを書こう。

はい、デメリットはありません。なんて禁×セラピーのようなオチじゃないから安心してね。デメリットは、ズバリ、飲み会に足が遠のき、つきあいが悪くなること。人間関係を大切にしないヒトになり、そのように周囲から思われることだろう。

さて、果たしてそれは本当だろうか。分析してみた。


[禁酒生活継続中(その3)] 面白そうなのでこの続きを読む

「禁酒生活継続中(その3)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
新シリーズ始めます (2010/01/22)
禁酒を考えるその2(飲酒とγ−GTP) (2010/10/22)
夏休み前の臨時血液検査 (2011/08/31)

禁酒生活継続中(その2)

2013-05-24 Fri

まだ禁酒継続中。もちろん早朝の犬の散歩も。早寝早起きの日々。

早朝の犬の散歩で爽やかさを味わえる

禁酒すると自然と早寝早起きになる。早く起きるから早く眠れる。これもまた日々の生活の中ではプラスの方向に働く。

禁酒は睡眠の質を向上させる。


[禁酒生活継続中(その2)] 面白そうなのでこの続きを読む

「禁酒生活継続中(その2)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
禁酒を考えるその2(飲酒とγ−GTP) (2010/10/22)
ビール解禁 (2012/06/04)
2012年禁酒事始めその7 (2012/04/25)

禁酒生活継続中(その1)

2013-05-15 Wed

3月半ばに始めた禁酒生活をまだ続けている。おかげで本当に体も心も調子がいい。負け惜しみでも痩せ我慢でもなくて、本当に気分がいいんだよね。

飲む時が来れば飲む。断れない誘いも来ている。それまでのことだ。禁酒禁酒と力んでいるわけではない。だいたい昨年から4ヶ月以上の禁酒を2回もやっているから、もう禁酒には慣れている。飲んでもまた禁酒すればいいだけの話だ。

献血で検査の結果は満点

ちなみに上は先日禁酒1ヶ月後の献血の結果。すべて基準値内。満点。禁酒すると体調よくなるの証し。

禁酒のたびに禁酒の良さをここに書いている気がする。どうせまた飲み出すと思うので、その時になって読んで思い出せるよう、今ここに禁酒の良さを書いておこう。

飲み出したらよく読めよ>自分。


[禁酒生活継続中(その1)] 面白そうなのでこの続きを読む

「禁酒生活継続中(その1)」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
禁酒生活継続中(その3) (2013/05/31)
禁酒2 (2008/02/15)
飽食を断つその2 (2010/02/05)

雨の日曜日に献血に行く

2013-04-24 Wed

3日前の日曜日の話。朝から雨。ツーリングに行く予定が雨でボツ。やることがない。こういうときは何をするか。

現在禁酒中。1ヶ月たった。となれば献血だ。唐突に思われるだろうが、過去にも同じ発想で行動した。変わらないな、自分。

今回は有楽町の献血ルームに行った。

今回は有楽町の献血ルームに行った

有楽町の駅前のビルの6階にある。


[雨の日曜日に献血に行く] 面白そうなのでこの続きを読む

「雨の日曜日に献血に行く」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
ノドは耳鼻科 (2011/10/05)
禁酒を考えるその5(禁酒と睡眠薬) (2010/11/19)
この冬この春これで助かった (2013/03/25)

腰痛防止の筋トレ

2013-04-15 Mon

腰痛防止のため、筋トレを始めた。

昨年秋から冬にかけて毎週末バイクで日帰りツーリングをしていた。一日8時間以上乗っていた。

毎週末のバイクの疲れが腰に来た

昨年これが原因でギックリ腰になったのだ。何とも情けない。


[腰痛防止の筋トレ] 面白そうなのでこの続きを読む

「腰痛防止の筋トレ」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
禁酒を振り返る (2012/12/19)
今度はノロウィルス (2012/12/14)
2012年禁酒事始めその2 (2012/01/27)

この冬この春これで助かった

2013-03-25 Mon

冬になると毎年そうなのだが、乾燥肌に悩む。とくに脚。足首から脛、膝上から太腿にかけて。猛烈に痒くなる。とくに夜。爪を立てて掻くから皮膚が傷んで出血する。

たまり兼ねてこれを買った。

乾燥肌の痒さに悩まされた

ピタリと止んだ。乾燥肌による痒みが。助かった。もっと前から使っていればよかった。高くない品物なんだからね。

そして春が近づき、別の症状で悩むことになる。


[この冬この春これで助かった] 面白そうなのでこの続きを読む

「この冬この春これで助かった」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
体重をはかる (2010/02/17)
禁酒を考えるその4(飲酒と年齢) (2010/11/12)
禁酒を考えるその7(飲酒と肝臓の分解能力) (2010/12/03)

今回の人間ドックの検査結果

2013-02-18 Mon

スカイツリーに行った翌日、会社の人間ドックだった。

検査結果を心配して2週間くらい禁酒して迎えることもあるのだが、今回はどうでもいい気がして、スカイツリーを見物後、昼下がりから浅草でビールとホッピーを気にせず飲んだ。

浅草の葵丸進で天ぷら肴にずいぶん飲んだ

さすがに前日飲めば数値は悪かろうと思っていたが、意外な結果が出た。


[今回の人間ドックの検査結果] 面白そうなのでこの続きを読む

「今回の人間ドックの検査結果」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
禁酒で早朝バイク (2012/11/09)
禁酒を試行する(イベントで飲む) (2011/03/04)
2012年禁酒事始めその4 (2012/02/10)

禁酒を振り返る

2012-12-19 Wed

年末は30日まで禁酒するつもり。そうなると今年の禁酒の記録は以下となる。

禁酒日:229日 禁酒率:229/366=63%

バイクに乗ることも禁酒のきっかけのひとつ

禁酒日が飲酒日を上回った。以前は圧倒的に飲む日の方が多かったのに。


[禁酒を振り返る] 面白そうなのでこの続きを読む

「禁酒を振り返る」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
ロキソニンに大感謝 (2012/12/10)
飽食を断つその2 (2010/02/05)
禁酒を試行する(イベントで飲む) (2011/03/04)

今度はノロウィルス

2012-12-14 Fri

ぎっくり腰に手首捻挫で落ち込んでいるところに、更に追い討ちをかけるように、今度はノロウィルスにやられてしまった。下記は東京都感染症情報センターのサイトより。

ノロウィルスは一種の食中毒

発熱と下痢。熱があるので身体がだるい。下痢が続くのでお腹が痛い。


[今度はノロウィルス] 面白そうなのでこの続きを読む

「今度はノロウィルス」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
2012年禁酒事始めその1 (2012/01/20)
禁酒で早朝バイク (2012/11/09)
夏の反省 (2012/09/10)

ロキソニンに大感謝

2012-12-10 Mon

先週の木曜の夜、一撃をくらった。ぎっくり腰。

2−3日前から腰に違和感があり「なんかやばいかも」と思っていたら、木曜の夜に来た。寝返りが打てない。翌朝ふとんから起き上がれない。もちろん歩けない。

ふと以前医者からもらったロキソニンが残っていることを思い出す。2錠飲む。

ロキソニンが効いた

1時間くらいで痛みが和らいだ。歩ける。とりあえず生活に支障はない。助かった。ロキソニンに大感謝。


[ロキソニンに大感謝] 面白そうなのでこの続きを読む

「ロキソニンに大感謝」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
禁酒を振り返る (2012/12/19)
今年の禁酒ファーストトライを考察する (2011/05/20)
今年も人間ドックで始まる試行錯誤 (2011/03/02)

禁酒で早朝バイク

2012-11-09 Fri

早朝の日の出。湾岸のフェリー乗り場から。

湾岸からゲートブリッジに上る朝日を見る

こうした景色を爽やかな気分で楽しめる。早朝バイク。

禁酒してかれこれ2ヶ月。禁酒の効用はあれこれ言うまでもないが、週末を過ごすたびに感じるのは早起きの恵み。

禁酒を人生の掟としたわけでもなく他人様に説くつもりも毛頭ないが、週末早起きしてバイクを駆ける楽しみには禁酒の恩恵を強く感じる。


[禁酒で早朝バイク] 面白そうなのでこの続きを読む

「禁酒で早朝バイク」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
今年も人間ドックで始まる試行錯誤 (2011/03/02)
三連休のなか日 (2012/10/17)
今回の人間ドックの検査結果 (2013/02/18)

三連休のなか日

2012-10-17 Wed

先日の三連休のなか日、7日は朝から雨だった。実は早朝からツーリングに行く予定だっが、一向に雨が止まない。ツーリングは諦めて翌日に延期した。

突然予定がなくなってしまった日曜日、さてどうする。池袋に向かった。

予定のなくなった日曜日は何をするか

献血だ。この日は禁酒後25日目。肝機能がどれくらい回復したのか確認する。


[三連休のなか日] 面白そうなのでこの続きを読む

「三連休のなか日」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
禁酒を考えるその8(飲酒と運動) (2010/12/10)
禁酒6 (2008/04/16)
再びロキソニンに大感謝 (2013/06/24)

禁酒による嗜好の変化

2012-10-12 Fri

禁酒してほぼ1ヶ月。禁酒が続くと嗜好が変わる。この変化たるや、酒がいかに肉体に影響を与えるかを明確に示している。単に飲み過ぎてただけか。

まず目覚めのコーヒーが美味しくなる。胃腸や肝臓の調子がいいからね。

ネットで見つけた写真です

お酒を毎日飲んでいると朝コーヒーをすすんで飲む気になれない。特に二日酔いの朝はなおさら。胃が重くて。これ、実に不健康だよな。


[禁酒による嗜好の変化] 面白そうなのでこの続きを読む

「禁酒による嗜好の変化」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
禁酒を考えるその5(禁酒と睡眠薬) (2010/11/19)
今度はノロウィルス (2012/12/14)
ロキソニンに大感謝 (2012/12/10)

夏の反省を機に

2012-09-21 Fri

今年の夏はビールをよく飲んだ。これはもう何回も書いた。しつこいよ。夏にさんざんビールを飲んだから、秋からはビールを控え、他のいろんなことを充実させたいとも書いた。

そこで禁酒した。先週の半ばから。

とにかくビールをよく飲んだ

夏にたくさん飲んだ⇒だから秋から禁酒する、という思考回路はあまりに単純で幼稚園児並みに聞こえるかもしれない。実は真相はそうではない。この「⇒」1文字の中に無限の心の葛藤が凝縮されているのだ。


[夏の反省を機に] 面白そうなのでこの続きを読む

「夏の反省を機に」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
飽食を断つその3 (2010/03/10)
2012年禁酒事始めその3 (2012/02/03)
今年の禁酒ファーストトライを考察する (2011/05/20)

夏の反省

2012-09-10 Mon

毎年のことではあるが、今年の夏もビールをよく飲んだ。

夏はサッポロ黒生がさっぱりしてていい

暑いときに飲む最初の一杯は美味いが、ビールそのものは特に美味しいものではなく、惰性で飲んでいる感もある。ま、飽きもせずよく飲んだもんだ。


[夏の反省] 面白そうなのでこの続きを読む

「夏の反省」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
夏の反省を機に (2012/09/21)
禁酒を考えるその2(飲酒とγ−GTP) (2010/10/22)
ロキソニンに大感謝 (2012/12/10)

スーパードライの路線変更

2012-07-09 Mon

先日、ふと、文字通り、ふと気が付いたのだが、エビスビールは酔い心地がいい。今さら何当たり前のこと言ってんの、とエビスビールファンに怒られそうだが、この齢になって初めて知った。

エビスビールの酔心地がいい

今までビールはスーパードライしか飲まなかったが、路線を変更する。楽天の通販で買うと、ふつうのビールと同じ値段で買えるし。


[スーパードライの路線変更] 面白そうなのでこの続きを読む

「スーパードライの路線変更」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
禁酒を考えるその4(飲酒と年齢) (2010/11/12)
三連休のなか日 (2012/10/17)
この冬この春これで助かった (2013/03/25)

ビール解禁

2012-06-04 Mon

1月4日から4月30日まで、約120日間にわたる禁酒はついに終わった。GW真っただ中にビールを飲んで以来、日々ビールを楽しんでいる。

約120日の禁酒だった

あんだけエラソーなことを書きながら。でもビール以外の酒は飲まないし、禁酒日もしっかり設定している。

3ヶ月以上続けて禁酒人間になりきっていたが、いったん飲むと酒は後を引く。酒は中毒性のある飲み物だな、やっぱ、実感する。


[ビール解禁] 面白そうなのでこの続きを読む

「ビール解禁」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
雨の日曜日に献血に行く (2013/04/24)
禁酒を試行する(イベントで飲む) (2011/03/04)
新シリーズ始めます (2010/01/22)

2012年禁酒事始めその7

2012-04-25 Wed

禁酒して3ヶ月以上過ぎた。今日で113日目。今年は正月3ヶ日以来飲んでいない。

こういう飲み屋もいいものだ

えらいでしょ、とか自慢する気持ちはさらさらない。先日会社の飲み会でウーロン茶を飲んでいると「なんで今さら禁酒なの?」「意志が強いんだー」とか、さんざんからかわれた。他人の禁酒なんてハタから見ればそんなもんだ。わかっている。

飲み会での他愛のないやり取りの中にはこんな反応もある。「あ、飲むとヤバいの?もしかして」。「ヤバい」というのは内臓疾患とアルコール依存症の両方の意味が込められている。


[2012年禁酒事始めその7] 面白そうなのでこの続きを読む

「2012年禁酒事始めその7」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
禁酒を考えるその6(飲酒と個人差) (2010/11/26)
禁煙 (2008/01/25)
禁酒を考えるその4(飲酒と年齢) (2010/11/12)

2012年禁酒事始めその6

2012-03-07 Wed

禁酒して64日が経つ。ただ今禁酒の真っ最中。

2ヶ月以上禁酒するのは3年ぶりだ。お蔭で体も心も快調そのもの。例えて言うなら爽やかな新緑のイメージ。

5月の新緑のように爽やかな心境

酒飲みが禁酒すると世界が変わる。過言ではない。そうなのだ。

禁酒の真っ最中なのだから、禁酒で何が変わるか実感をもって語れる。今のうちわかりやすいところから説明しておこう。


[2012年禁酒事始めその6] 面白そうなのでこの続きを読む

「2012年禁酒事始めその6」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
鼻かぜは耳鼻科が断然いい (2013/06/10)
今年の禁酒ファーストトライを考察する (2011/05/20)
禁酒6 (2008/04/16)

2012年禁酒事始めその5

2012-02-29 Wed

意外だった。禁酒の話はウケると思ったのに…

禁酒の話を書き始めたら、トタンにブログのアクセス数が落ちた。うーむ、そういうことか。ふだん酒飲みが急に禁酒したりすると、転向者(こんな言葉、今時通じるかな)扱いされるのだろうか。

ということで、今回は閑話休題、献血の話ね。

先日、渋谷へ行ったついでに献血をしてきた。献血ルーム渋谷ハチ公前は、文字通りハチ公の目の前、いや、すぐ背後にある。

ハチ公の目の前にある

ここで献血をしてきた。実に20数年ぶり。


[2012年禁酒事始めその5] 面白そうなのでこの続きを読む

「2012年禁酒事始めその5」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
禁酒で早朝バイク (2012/11/09)
禁酒を考えるその3(禁酒と不眠) (2010/10/29)
新シリーズ始めます (2010/01/22)

2012年禁酒事始めその4

2012-02-10 Fri

先週の金曜日、会社の人間ドックを受診した。ちょうど禁酒して1ヶ月になる。肝臓関連の数値が出た。

2012.02.03
GOT   :27(適性値10〜40)
GPT   :50(適性値 5〜45) ↑
γ−GTP :61(適性値75以下)
総ビリルビン:1.7(適性値0.2〜1.1) ↑

1ヶ月禁酒で完勝を予想したが、GPTと総ビリルビンが正常値をオーバーしている。ちょっと心外だが、まぁ危険な数値ではなかろう。こんなもんだ、と開き直る。

しかし、これら4指標の値が落ち着いたからといって安心してはいけない。このあたりを理解したことが昨年までの禁酒とは違う。昨年までは正常値イコール飲酒許可と認識していた。今年は違う。学習して少し進歩した。


[2012年禁酒事始めその4] 面白そうなのでこの続きを読む

「2012年禁酒事始めその4」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
今度はノロウィルス (2012/12/14)
2012年禁酒事始めその6 (2012/03/07)
体重をはかる (2010/02/17)

2012年禁酒事始めその3

2012-02-03 Fri

楽しいお酒と依存症のお酒、どこに境目があるかご存じか。

あきらかに無害、あるいは、あきらかに危険、という明明白白のケースはわかりやすいのだが、毎日フツー飲んでいるフツーのおじさん達はどちらに分類されるのか。無害と危険、健全と病気の境目はどこにあるのか。

ふつーのおじさんたちが会社帰りに集まってくる

これが前々からわからなかった。いろんなチェック方法があるようだが、イマイチ納得がいかない。世にあるチェック方法だと、酒飲みなら全員が重症患者になる。

しかしあれこれ見聞きして、このあたりが実際的な境目と思って間違いないだろう、という一線がわかった。


[2012年禁酒事始めその3] 面白そうなのでこの続きを読む

「2012年禁酒事始めその3」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
ビール解禁 (2012/06/04)
禁酒を考えるその1(飲酒と禁酒) (2010/10/15)
スーパードライの路線変更 (2012/07/09)