Maki's Blog ほぼ隔日

!! 2013.12.12 10秒後に後継ブログに自動的にご案内します! DTIブログの終了に伴い、本ブログは来週12月17日に消滅しますので。!!

*** 後継ブログのURLは、http://maki200801.seesaa.net/ です。よろしくね!***

野村正樹さん講演会−作家に文章を学ぶ

2008-06-30 Mon

割り込みイベントのため、月曜定例のテーマ、学習:本多勝一「日本語の作文技術」の予定を変更する。といっても文章の書き方についてプロの小説家の講演をレポートするので、流れはそのままだ。

先週の25日(水)に作家の野村正樹さんの講演会と2次会に参加した。なお、野村正樹さんのこの講演シリーズは安価(3000円)で参加自由なので、ご興味のある方はこちらからどうぞ。次回は9月25日でテーマは未定だ。

演目は「他人に伝わる文章の書き方〜自分を文章で表現する方法〜」、まさにタイムリー、実はこの企画を待っていたのだ。

レポートの前に野村正樹さんを紹介する。


講師紹介:野村正樹氏プロフィール

1944年神戸市生まれ。67年慶應義塾大経済学部卒。サントリーに入社。

以後28年間にわたり営業・宣伝・マーケティング・流通開発などを担当。宣伝部には15年間在籍し、トロピカルカクテル、ブランデーアメリカン、缶ビーなどのキャンペーンプロディユーサーも歴任。

79年:創業80周年記念論文で優勝し流行語「シティ・ウォッチング」を生む。
86年サントリーミステリー大賞応募作「殺意のバカンス」で推理作家デビュー。
91年「シンデレラの朝」で日本文芸大賞現代文学賞を受賞。

94年創業90周年記念事業のサントリーミュージアム「天保山」を開館して、広報部長に就任。95年50歳を機に早期選択定年制度で退社・独立してNMLオフィスを設立。以後、著作・講演活動に専念して現在に至る。

著書多数。日本ペンクラブ、日本文芸家協会、日本推理作家協会などに所属。


というプロフィールからすると、見た目も生き方もかなりスマートな方を想像するかもしれない。実は私もそうだった。慶応経済サントリー宣伝部から広報部長となれば、島耕作みたいな人物像を思い浮かべる。しかし実物はかなり違った。

こんなかんじだ。もしかして失礼な書き方をしているか、私は。

作家の野村正樹さん

お人柄は、苦労人・左利き・女性が苦手(本人談)・鉄。これでだいたいご想像がつくと思う。無理か。まぁいいや。とにかく気さくで親切でやさしい方だ。

これが講演のレジュメで、こういうものを用意していただけるとあとで講演メモを整理する際にとても助かる。

実は去る4月、違う演目で同氏の講演を聴いていた。それでお人柄や趣味趣向などは存じ上げている。お陰で間違った先入観なしに素直に話を聞くことができた。

プロの作家は文章をどう考えているのか。学習テーマの核心に迫る。


[野村正樹さん講演会−作家に文章を学ぶ] 面白そうなのでこの続きを読む

「野村正樹さん講演会−作家に文章を学ぶ」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
学習:梅田望夫を読む1 (2008/04/07)
学習「財務3表一体理解法」2 (2007/12/17)
学習「財務3表一体理解法」4 (2007/12/31)

学習:梅田望夫を読む4

2008-04-28 Mon

4月の学習テーマは、梅田望夫を読む、とした。

4480063870ウェブ時代をゆく─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書 687)
梅田 望夫
筑摩書房 2007-11-06

by G-Tools

ネット世界が急速に発展し世界の叡智が加速度的に注ぎ込まれるようになっている現実。その現実を姿を実証的に示すとともに、その世界への関わり方を説いた書だ。あらためてその現実を認識させてくれるとともに、かかわり方の姿勢を提示してくれる。


[学習:梅田望夫を読む4] 面白そうなのでこの続きを読む

「学習:梅田望夫を読む4」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
学習「7つの習慣」2 (2008/01/14)
学習「財務3表一体理解法」4 (2007/12/31)
学習:梅田望夫を読む1 (2008/04/07)

学習:梅田望夫を読む3

2008-04-21 Mon

4月の学習テーマは、梅田望夫を読む、とした。

4480063870ウェブ時代をゆく─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書 687)
梅田 望夫
筑摩書房 2007-11-06

by G-Tools

ネットの価値と将来性を高らかに説く本書とはずいぶん離れてしまって申し訳ないけど、ネットやパソコンに関わることについて世間がどう見ているのか、というとてもとても初歩的なことに触れてみたい。

大き分けてく2つある。


[学習:梅田望夫を読む3] 面白そうなのでこの続きを読む

「学習:梅田望夫を読む3」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
学習:梅田望夫を読む1 (2008/04/07)
野村正樹さん講演会−作家に文章を学ぶ (2008/06/30)
学習「7つの習慣」4 (2008/01/28)

学習:梅田望夫を読む2

2008-04-14 Mon

4月の学習テーマは、梅田望夫を読む、です。

4480063870ウェブ時代をゆく─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書 687)
梅田 望夫
筑摩書房 2007-11-06

by G-Tools
まずざっと読みました。なるほど。

・オープンソースのビジネスが成り立つ背景
・Google礼賛
・ネット世界の発展で知的活動が可能になる
というネット世界の現状説明と、

・筆者の「けものみち」という生き方と実績
・ネットの世界を利用して可能性を拡げるべき
・ネットの世界こそ「自助」が必須、サバイバルが基本
という筆者の生き方の説明とこれからの生き方のヒント。

おおまかに言うと上記の2つが主張であると読みました。


[学習:梅田望夫を読む2] 面白そうなのでこの続きを読む

「学習:梅田望夫を読む2」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
e-learning1 (2007/12/07)
学習:梅田望夫を読む1 (2008/04/07)
学習「7つの習慣」1 (2008/01/07)

学習:梅田望夫を読む1

2008-04-07 Mon

4月の学習テーマは、梅田望夫を読む、とします。

2月3月と村上春樹の世界を堪能しました。文学でした。今月はガラリと変えて「ウェブ進化論」を始めその後のシリーズでベストセラーを連発している梅田望夫を読みます。

「これからどーやって生きていけばいいんだっけ」という根本的な疑問に対し、「ネット世界」という「あっちの世界」をどう捉えどう感じてどう関わっていけばいいのかを考えることで、解決のヒントを見つけていこうと思います。

著作として、以下を候補としました。
1.ウェブ時代をゆく  出版年月:2007.11
2.フーチャリスト宣言 出版年月:2007.05
3.ウェブ人間論    出版年月:2006.12
4.ウェブ進化論    出版年月:2006.02

IT関連は今この瞬間がすべてという見地から、新しいものから読んでいくことにします。最新作である1の「ウェブ時代をゆく」から読み始めます。全部は読まない予定です。


4480063870ウェブ時代をゆく─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書 687)
梅田 望夫
筑摩書房 2007-11-06

by G-Tools


最近「ネット世界」に関しては、こんなことを考えています。


[学習:梅田望夫を読む1] 面白そうなのでこの続きを読む

「学習:梅田望夫を読む1」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
学習:梅田望夫を読む4 (2008/04/28)
e-learning1 (2007/12/07)
学習「7つの習慣」4 (2008/01/28)

学習「7つの習慣」4

2008-01-28 Mon

「7つの習慣」を読む。いよいよ後半。

第三部公的成功で始まります。公的な成功は私的な成功が前提となり、自立と自己コントロールが他人との関係の土台となると説きます。主体的に生きる限りその通りだと思います。他人任せに生きていく状況でなければ、自分をコントロールできないで他人とのつきあいをうまくこなせる訳ありません、事実です。でも、自己コントロールできない状況は私は時としてあります。人間としては未成熟ですからね。修行が足りん、です、まだまだ。


[学習「7つの習慣」4] 面白そうなのでこの続きを読む

「学習「7つの習慣」4」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
野村正樹さん講演会−作家に文章を学ぶ (2008/06/30)
学習「財務3表一体理解法」2 (2007/12/17)
学習:梅田望夫を読む3 (2008/04/21)

学習「7つの習慣」3

2008-01-21 Mon

「7つの習慣」いかがでしょうか。

前半まで熟読しました。論理的で具体例が多く、わかりやすく説得力がありますね。ただ、よくわからない表現として、
・P(Performance)とPC(Performance Capability)のバランスと効果性
この表現がよく出てきますが、効果性という表現がよくわからないのです。
・「7つの習慣は」この効果性の定義とパラダイムに基づいているものである。
という表現も出てきます。PとPCのバランスの取り方が重要で、効果もそのバランスと総合的な見方によって変わってくる、という解釈でいいんだと思うんですが。


[学習「7つの習慣」3] 面白そうなのでこの続きを読む

「学習「7つの習慣」3」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
学習「財務3表一体理解法」4 (2007/12/31)
学習:梅田望夫を読む4 (2008/04/28)
学習「7つの習慣」4 (2008/01/28)

学習「7つの習慣」2

2008-01-14 Mon

「7つの習慣」いかがでしょうか。付け焼刃的な対症療法を説くのではなく、真正面から人生に対する取り組み方を述べています。正しく当り前のことを論理的に体系だてて、かつ具体例を出して説明しています。親子、夫婦、組織をわかりやすく例に出しています。

筆者も述べているように、1回読んで終わりの本ではなく何回も読んでかみしめたい、あるいは、具体的場面に遭遇したときに該当箇所を読む、といった読み方をしたい本です。

ざっくりと筋書きをまとめます。


[学習「7つの習慣」2] 面白そうなのでこの続きを読む

「学習「7つの習慣」2」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
e-learning1 (2007/12/07)
マネージャースキル (2007/12/03)
学習「財務3表一体理解法」1 (2007/12/10)

学習「7つの習慣」1

2008-01-07 Mon

1月の学習テーマは、生き方の原則の確認とします。とても大げさなテーマですが、人生どう考えていきゃいいんだっけ?という日々のとても根本的かつ基本的な疑問について、よーく考えてみたいと思います。

ちょっと古いですが、今月は10年前のベストセラー、スティーブン・R・コヴィー著:7つの習慣、を読んでいきます。

ビジネスや生活の諸問題に対して、たくさんのノウハウものが溢れる中、決してブレることのない正しい原理原則があるとすれば、それは一体何なのかを考え、もしそれが本当に正しいのであれば、それを習慣にして生き方の基盤としていければと思います。

ご意見などございましたら、コメント・メールなど、どうぞご遠慮なくいただければと存じます。いっしょに考えていきましょう。どうぞよろしくお願い致します。

7つの習慣―成功には原則があった!7つの習慣―成功には原則があった!
スティーブン・R. コヴィー ジェームス スキナー Stephen R. Covey

by G-Tools


「学習「7つの習慣」1」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
学習:梅田望夫を読む3 (2008/04/21)
学習「財務3表一体理解法」1 (2007/12/10)
学習「財務3表一体理解法」4 (2007/12/31)

学習「財務3表一体理解法」4

2007-12-31 Mon

暮れも押し詰まって、とうとう大晦日になってしまった。今年最後の記事です。財務3表一体理解法の勉強の続き。

第四章は「決算書を読み解くツボ」として各種財務指標の説明をし、それに加えてPL/BSの操作例を挙げた。そして、最後にCSから見える会社戦略を解説する。


[学習「財務3表一体理解法」4] 面白そうなのでこの続きを読む

「学習「財務3表一体理解法」4」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
学習:梅田望夫を読む3 (2008/04/21)
学習「財務3表一体理解法」3 (2007/12/24)
学習「財務3表一体理解法」2 (2007/12/17)

学習「財務3表一体理解法」3

2007-12-24 Mon

第三章は個人会社を設立した状況を想定し、取引のたびに3表がどのように変化するのかを詳しく見ていく。想定するケースは以下。



[学習「財務3表一体理解法」3] 面白そうなのでこの続きを読む

「学習「財務3表一体理解法」3」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
学習:梅田望夫を読む3 (2008/04/21)
学習:梅田望夫を読む1 (2008/04/07)
学習:梅田望夫を読む2 (2008/04/14)

学習「財務3表一体理解法」2

2007-12-17 Mon

教材「財務3表一体理解法」國貞克則著。目標は会計の全体概要を理解すること。

ちなみに、私は会計とは縁もゆかりも無い職場で25年以上過ごして来た会計ど素人。以前に簿記を勉強したが、仕訳で挫折している。


[学習「財務3表一体理解法」2] 面白そうなのでこの続きを読む

「学習「財務3表一体理解法」2」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
学習「7つの習慣」2 (2008/01/14)
学習「財務3表一体理解法」3 (2007/12/24)
学習「財務3表一体理解法」4 (2007/12/31)

学習「財務3表一体理解法」1

2007-12-10 Mon

12月の学習テーマは会計の理解。過去に失敗している、簿記から会計を理解する方法ではなく、BS/PL から理解するアプローチ。

國貞克則著:財務3表一体理解法。副題は「決算書がスラスラわかる」。会計は会社組織の基本中の基本。これは必須テーマだ。

今月はこれを勉強してブログでも報告する。

「学習「財務3表一体理解法」1」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
学習:梅田望夫を読む4 (2008/04/28)
学習「財務3表一体理解法」3 (2007/12/24)
学習「財務3表一体理解法」4 (2007/12/31)

e-learning1

2007-12-07 Fri

2005年に会社の方針で取得したPMP(Project Management Professional)の資格維持のため、プロジェクトマネージメントに関する活動および教育受講の必要があり、公認された活動や講座ごとにポイント数が決まっていて、現時点で38ポイントを取得した。

2008年末の次回資格更新まで残り22ポイント必要なので、会社が提供するe-learningのなかで、業務に役に立ちそうなものを選択して受講することにした。いずれも3ポイント。

11月からは、効率のよいミーティングの進め方の参考になればと思い、下記を受講している。

ファシリテーション:ファシリテーターとは(受講済)

 ファシリテーション:ディスカッションの進め方
 ファシリテーション:難しい局面への対処

「e-learning1」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
学習:梅田望夫を読む1 (2008/04/07)
学習「財務3表一体理解法」3 (2007/12/24)
学習「財務3表一体理解法」1 (2007/12/10)

マネージャースキル

2007-12-03 Mon

2007年11月からテーマ学習を始めました。テーマを選んで勉強です。11月のテーマはマネージャースキルの確認。
著者 :モリー・ステットナー
著書名:新米リーダー10のスキル

印刷して手帳に綴じるためにまとめたテキストをWebに登録しました。

これはリーダー向けではなく、マネージャー向けの教本です。
手帳に綴じて、会社でときどき見て、あらためてマネージャーの在り方を再認識するようにします。そういった実践向きの実用的な内容です。役に立ちます。

「マネージャースキル」を読んだ人はこんな記事も読んでいます
学習:梅田望夫を読む3 (2008/04/21)
学習「財務3表一体理解法」3 (2007/12/24)
学習「7つの習慣」3 (2008/01/21)